日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。|HUAWEI

HUAWEI|日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。

DESIGN FEATURES

HUAWEI|ファーウェイ

日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。(1)

スマフォトグラファー 長尾浩介氏が、Leicaのレンズを搭載したHUAWEI P10 Plusで撮る。モノへ深くこだわる長尾氏が感じた、その真価と進化とは。

Photograph by Nagao Hirosuke

「もう、このシャッター音を聞いただけで、あぁLeicaだって興奮しますね。」

スマートフォンだけで撮影を行い、今年<PHONE EYE>という写真集を発表した長尾浩介氏は開口一番語り出した。

HUAWEI P10 Plusは、Leicaのレンズを3枚搭載。アウトカメラには、トップレンジのラインアップにだけ許されるSUMMILUXレンズを2枚搭載しているという点でもスマートフォンフォトグラファーの興奮は収まらない。

「自分自身は、光と陰に強く惹かれて写真をとるのですが、その階調がとてつもなく素晴らしい。影が潰れないだけでなく、その中にある微妙なニュアンスを表現できています。F1.8という明るさもさることながら、レンズの性能、それを動かすエンジンの設計がすごいのだと感じました」。

02

長尾浩介氏

長尾氏は、このHUAWEI P10 Plusと共に故郷、広島・福山へと撮影旅行に出かけた。

「ちょっと時代に取り残されたようで、寂しさと日本の原風景が入り混じったような街です。ここで写真集の撮影も多く行ったのですが、その同じ風景も含めて、このHUAWEI P10 Plusで改めて撮影をしてみました。驚くことに、まったく違う世界が見えてきたことです。Leicaの凄さというか、映像の深みが決定的に違うし、簿妙なディテール表現力は、もうスマートフォンで撮ったというレベルではありません。デジカメではなく、HUAWEI P10 Plusをファーストカメラとして、これまでの作品とはまた違う作品作りに向かいたくなりました」

02

<作例1>ISO:50/シャッタースピード:1/303s/絞り値:1.8/EV:0/焦点距離:44mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

実際に搭載されているレンズのクオリティはこれまでも評価の高かったHUAWEI P9を遥かに凌ぐ。アウトカメラは、ダブルレンズ設計。RGB センサーは1200万画素、加えてモノクロセンサーは2000万画素という高性能ぶり。この二つの Leicaレンズが一体となって作画するだけに深い階調と奥行き、独特のボケ味が生まれてくる。

02

<作例2>
ISO:1,250
シャッタースピード:1/1600s
絞り値:1.8
EV:0
焦点距離:54mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

02

<作例3>
ISO:3,200
シャッタースピード:1/1000s
絞り値:1.8
EV:0
焦点距離:47mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

「とにかく、これはカメラのついた携帯ではなく、電話ができる Leicaといってもいいのではないかとさえ思ってしまいます」。

長尾氏の今回の撮影はノーフィルター、後加工なしの撮ったままのものだが、写真家の心象風景そのものが映し出されているように感じた。

02

<作例4>ISO:50/シャッタースピード:1/948s/絞り値値:1.8/EV:0/焦点距離:38mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

加えて、このHUAWEI P10 Plusはワイドアパーチャ機能により、撮影後にピント位置を可変することができる。またプロモード、ポートレートモードなど、“カメラ”としての機能性の高さも特筆すべきだろう。

Page02. P10 Plusの持つスペックはまったく別次元