最新のポルシェ911GT3に試乗|Porsche

最新のポルシェ911GT3に試乗|Porsche

CAR IMPRESSION

Porsche 911 GT3|ポルシェ 911 GT3

最新のポルシェ911GT3に試乗 (2)

その心臓は、もはやレーシングエンジンそのもの

そんな歴代GT3の心臓部が、いずれも自然吸気式であったことも特筆すべき部分だ。

パワーやトルクを向上させるためには、排気量を増したり過給機を加えたりするのがてっとり早い方法。しかし、そうした“安易”には走らず、あくまでも自然吸気式をベースとしながら高回転・高出力化を突き詰めていくという手法にこだわったことも、GT3というグレードがひとつのブランドとして認知をされるにいたる、重要なポイントであったわけだ。

これまで、モデルチェンジが行われるたびにリファインの手が加えられてきたGT3のエンジンだが、今年春のジュネーブモーターショーで発表をされた991後期型となる最新バージョンにも、もちろん新たなる心臓が搭載されている。

s_020
s_024

それは、4リッターという排気量と500psという最高出力から、「従来のGT3RSや、911Rに搭載実績があるユニットを譲り受けたもの」と、一瞬そのように判断しそうにもなる。

が、実は新しいGT3には、バルブ駆動系から油圧式ラッシュアジャスターを廃したりコンロッドやクランクシャフトのベアリングを強化するなどのリファインが加えられ、「最新の911GT3カレラカップカーや911RSRなど、純レーシングモデル用とほとんど同一」と説明される新たなユニットが搭載をされているのだ。

すなわち、最新GT3の心臓は、もはや「レーシングエンジンそのもの」と言っても差し支えない。同時に、そこに組み合わされるトランスミッションに、従来型からは姿を消していたMTとの組み合わせが“復活”したことも、見逃せないニュースとなっている。