「メルセデスAMG E63」シリーズにステーションワゴンなどを追加|Mercedes-AMG

「メルセデスAMG E63」シリーズにステーションワゴンなどを追加|Mercedes-AMG

CAR NEWS

Mercedes-AMG E 63 4MATIC+ stationwagon|メルセデスAMG E 63 4マティック+ ステーションワゴン
Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+stationwagon|メルセデスAMG E63 S 4マティック+ ステーションワゴン
Mercedes-AMG E 63 4MATIC+|メルセデスAMG E 63 4マティック+
Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+ Edition1|メルセデスAMG E 63 S 4マティック+ エディション1

「メルセデスAMG E63」にステーションワゴンなどを追加

メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラス」の高性能モデル、メルセデスAMG「E 63」シリーズに、ステーションワゴンの「メルセデスAMG E 63 4MATIC+ ステーションワゴン」「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ ステーションワゴン」、セダンの「メルセデスAMG E 63 4MATIC+」を追加し、8月25日から予約を受け付け、9月上旬から順次納車を開始すると発表した。これに合わせて12月22日まで受注を行う期間限定モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ エディション1」(セダン)も追加された。

Text by OPENERS

「世界最速」のステーションワゴン

新しく加わった2台のステーションワゴンが搭載するエンジンは、AMGの「One man-one engine」哲学のもと、一人のマイスターが手作業で組み上げた4.0リッターV型8気筒ツインターボの「M177」。V型シリンダーバンク内側に2基のターボチャージャーを配置する「ホットインサイドV」レイアウトなど、基本設計を同社のスーパースポーツモデル、メルセデスAMG「GT」が搭載する「M178」と共通とするもので、異なるのはオイル潤滑システムがドライサンプからウエットサンプに変更された点だ。

最高出力と最大トルクは、E 63 4MATIC+が571PS/750Nm、E 63 S 4MATIC+が612PS/850N・mと先代を上回り、特に後者の公表データ0-100km/h加速3.5秒はセグメントトップの動力性能となることから、「世界最速のステーションワゴン」とメーカーが謳う理由となっている。

こうした高出力を誇る一方で燃料を効率的に消費するため、「Comfort」モードでの走行中でエンジン回転数が1,000-3,250rpmの低負荷時に、2、3、5、8番のシリンダーを休止する気筒休止機能を搭載したのもニュースだ。

s_03
s_02

トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用した9段ATの「AMGスピードシフトMCT(マルチ クラッチ テクノロジー)」を搭載。最新の駆動方式である「AMG 4MATIC+」により、ハイパワーをさまざまな状況で四輪に最適に配分する(50:50から前後0:100まで)可変トルクを実現。高性能なAMG Sモデルにはサーキット走行時などでドライバーの意のままにコントロールするため、完全後輪駆動状態に固定できる「ドリフトモード」も搭載した。

また、足回りには、エアボディコントロール サスペンションをベースにした「AMGライド コントロール スポーツサスペンション」と、走行状態に合わせて四輪それぞれを電子制御する「連続可変ダンピングシステム」を採用。快適な乗り心地から、高速コーナリングやハイスピードブレーキング時に高い安定性を保つダイナミックな走りまでに対応した。

「S」モデルではさらに電子制御リミテッドスリップデフや強化ブレーキシステム、サーキットの停止状態から最適な加速を可能にする「RACE」モードなどを装備し、よりハードな走行にも耐えうる性能を維持している。