アメリカ海兵の下着だったTシャツがロックファッションとして広まるまで|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|アメリカ海兵の下着だったTシャツがロックファッションとして広まるまで

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

ロックスタイルのレジェンド 島津由行さんに聞く(1)

ロックTシャツとはもちろん、アーティストのファンに向けて作られたアイテムだった。そのビジュアルが、いつしかスタイルアイコンとなり、ストリートからビッグメゾンへと伝搬、いまやファストファッションまでもがこぞってリリースする人気アイテムへと変貌した。では、その流れは、具体的にどのようにして形成されていったのだろうか? ロックスタイルといったら、この人!! スタイリスト島津由行さんに、ロックTの源流時代の背景をうかがった。もうこの知識なくして、ロックTを語ることなかれっ! なのである。

Photographs by OHTAKI KakuText by SHINNNO Kunihiko

ロックとTシャツとの邂逅

――今回はMEDICOM TOYとデザイナーのヒラカワレンタロウさんが共同で設立したロックアパレルブランド「Amplifier」の1周年を記念して、スタイリストの島津由行さんにロックTシャツの歴史についてうかがいたいと思います。

島津 Amplifierの忌野清志郎さんシリーズ第3弾(忌野清志郎を撮影した7人のフォトグラファー達が自らセレクトした写真を使用)の中には、僕がスタイリングしたものもありますね。

鋤田正義さん、広川泰士さん、阿部高之さん。ちょうどアルバム『Memphis』(1992年)の頃かな。

――島津さんはロックTシャツのコレクターとしても広く知られていますが、現在何枚ぐらいお持ちなんですか?

島津 1万枚以上あります。

以前買い付けをやっていたこともあるんですが、集めるようになったのは’75年に初めてアメリカに行って、ロングビーチでドゥービー・ブラザーズやCCRといった西海岸系のバンドが出演したフェスを体験したことが大きいですね。

――島津さんのコレクションの中でも一番古いものは?

島津 エルヴィス・プレスリーの「ハウンド・ドッグ」(’56年)のレコードジャケットをイラストにしたTシャツで、ロックTの起源ですね。彼は当時アイドルだったので、バッジとかコーヒーカップとかいろんなグッズが出ていたんです。

それからザ・ビートルズ。僕が持っているものは’63年とプリントされています。

――イギリスでデビューした翌年、「ラヴ・ミー・ドゥ」「抱きしめたい」のヒットで大旋風を巻き起こしていた頃ですね。

島津 それからロックTを語る上で欠かせない人物がビル・グレアム。モンタレー・ポップ・フェスティバル(’67年)、ウッドストック・フェスティバル(’69年)などの巨大ロックイベントを裏で支え、ライブ・エイド(’85年)などのチャリティイベントを実現へ導いた伝説のプロモーターです。

ドイツ生まれのユダヤ人である彼は、少年時代にナチスから逃れるため渡米し、ニューヨークで黒人音楽と出合い、サンフランシ

A

Amplifierの忌野清志郎さんシリーズ第3弾 ph.鋤田正義 © Sukita

B

Amplifierの忌野清志郎さんシリーズ第3弾 ph.広川泰士 © TAISHI HIROKAWA

C

Amplifierの忌野清志郎さんシリーズ第3弾 ph.阿部高之 © TAKAYUKI ABE

スコのライブハウス「フィルモア・オーディトリアム」でロックコンサートを開催するようになります。

そして’68年、ビルはニューヨークに「フィルモア・イースト」「フィルモア・ウエスト」をオープン。興行的に成功を収めたビルは、アーティスト側から権利をもらい、マーチャンダイジング事業としてツアーTをフィルモアで売り始めます。

――ヴィンテージ・ロックTコレクターが血眼になって探しているアイテムです。

島津 昔はシルクスクリーンの手刷りで100枚程度しか作らなかったので、機械のプリントよりも色の染み込み具合いがいいんですよね。僕自身、ロックの一番いい時期はウッドストックが開催された’69年からグラム・ロックが崩壊する’75年までに濃縮された6年間だと思っていて、Tシャツのデザインも面白いものが多いです。

その後、ビルはローリング・ストーンズと組んで、プロモーターとして’72年の世界ツアーを仕切るようになりました。この時、ビルはフィルモアの経験を踏まえて、コピーライトがクレジットされたオフィシャルのツアーTシャツを大々的に販売します。ロックTシャツが大量に出回るようになるのはそこからで、ビル・グレアムなしにいまの物販のシステムは生まれなかったという話です。

02
03
04

――そうしたロックTシャツが、日本でもファッションとして着られるようになったのはいつからでしょうか?

島津 ’80年代まではロックTはそのバンドのファンが着るもので、ファッションとしてはダサいイメージだったんです。ロックTがヴィンテージとして見直されるのはいまから20年ぐらい前、『悶絶!ロックTシャツ秘宝館』(’97年 シンコー・ミュージック刊)というムックが出た頃からですね。

そのあたりから日本ではHYSTERIC GLAMOURやUNDERCOVER、海外でもSAINT LAURENTのディレクターだったエディ・スリマンがロックスタイルをファッションに取り入れるようになり、ストリートで着てもおかしくない状況ができたわけです。

Page02. ストリートから、やがてビッグメゾンへ

ABOUT
SHIMAZU Yoshiyuki

1959年熊本生まれ。マガジンハウス『POPEYE』のスタイリストとして活躍後、現在は『SENSE』や『POPEYE』、『CUT』などの男性・女性ファッション誌でのスタイリングやファッションディレクションを手がけるほか、 …