Eクラスが装備内容変更。PHVモデルも追加|Mercedes-Benz

Eクラスが装備内容変更。PHVモデルも追加|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz E Class|メルセデス・ベンツ E クラス

Mercedes-Benz E 350 e Avantgrade SPORTS|メルセデス・ベンツ E 350 e アバンギャルド スポーツ

Mercedes-AMG E 43|メルセデスAMG E 43

Eクラスが装備内容変更。PHVモデルも追加

メルセデス・ベンツ日本は、昨年デビューした中核モデルである「Eクラス セダン」「Eクラス ワゴン」の装備内容を変更するとともに、プラグインハイブリッドモデルの「E 350 e アバンギャルド スポーツ」をラインナップに加え、8月24日から販売を開始した。(AMGモデルは9月以降順次納車予定)

Text by OPENERS

テレマティクサービスを全車標準装備。PHVモデルはハイパフォーマンスを発揮

新しい「Eクラス」が全車標準装備するのが、新型「Sクラス」より国内導入された、自動車が通信することで利便性が向上する先進的テレマティクサービス「Mercedes me connect」だ。その内容は、事故や故障の「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」、「リモートパーキングアシスト」などを3年間無償で提供する「快適サービス」、メルセデス・ベンツ24時間コンシェルジュサービスを1年間無償で提供する「おもてなしサービス」の3つのサービスカテゴリーとなる。

また、セダンの「E 200 アバンギャルドスポーツ」「E 200 d アバンギャルドスポーツ」ではオプション設定のレザーパッケージにヘッドアップ ディスプレーを追加。「E 250 アバンギャルドスポーツ」ではヘッドアップ ディスプレーを標準装備するとともに、センタートリムを木目調デザインに変更した。「メルセデスAMG E 43 4マティック」にはパッケージオプションの「エクスクルーシブパッケージ」を設定した。

Mercedes-Benz E Class|メルセデス・ベンツ E クラス
Mercedes-Benz E 350 e Avantgrade SPORTS|メルセデス・ベンツ E 350 e アバンギャルド スポーツ

さらに、ステーションワゴンの「E 250 ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」「同 本皮仕様」のセンタートリムを木目調に変更。「E 400 4マティック ステーションワゴン エクスクルーシブ」では放射状に広がる18インチ マルチスポーク アルミホイールを新たに設定。インテリア トリムとセンター コンソールを木目調にするとともに、シート ベンチレーターも標準装備した。上級モデルの「メルセデスAMG E43 4マティック ステーションワゴン」にはセダン同様の「エクスクルーシブ パッケージ」が設定される。

価格は、セダンが「E 200 アバンギャルド」の682万円から「メルセデスAMG E 63 S 4マティック+」の1,785万円。ステーションワゴンが「E 250 ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」の719万円から「メルセデスAMG E 43 4マティック ステーションワゴン」の1,176万円となる。