vol.3 「艶やかに、丸首セーター!」番外編 LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

vol.3 クルーネックの柄セーター LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

我らが編集大魔王の独断で選んだこの秋冬注目のアイテム7選を、月二回の更新でお届けしているこの連載。第三弾は、今年らしいモチーフやアーティスティックな柄をあしらったクルーネックセーターをフィーチャー。ブランドの持ち味が存分に発揮された一着は、それぞれが主役級の存在感を放ち、スタイリングに抜群のインパクトを与えてくれる。

Direction & Select by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kota Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

s_004_best7_03_spot_lv
s_001_best7_03_spot_lv

祐真 今シーズンのルイ・ヴィトンはSupremeとのコラボが大きな話題になっていますが、実はそれと同じぐらい注目したいのが、ウェアのマテリアルがかなりハイクオリティだということ。全体を見てもすごくいいコレクションに仕上がっているんです。

今回スポットライトとしてピックアップしたこのシャツひとつとっても、生地の質感もいいしラインの美しさも格別。サイドのスリットにボタンをあしらうなどのディテールのアイディアもよくできています。

白シャツというのは奥が深くて、これを着ていれば無難で安心と思いがちだですけれど、チョイス次第ではおしゃれにもダサくもみえる怖さもある。もともとが貴族しか着られなかったアイテムですから、こだわりが随所に盛り込まれているアイテムでもあるわけです。

このロングシャツは、サイドスリットからチェーンを見せる着方をしてもいいし、オーバーシャツでシルエットを出して着るのもいい。もちろんドレスシャツとして着るのもアリです。シャツ9万4000円・ウォレットチェーン8万1000円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854)

s_002_best7_03_spot_lv
s_003_best7_03_spot_lv
問い合わせ先

ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス

0120-00-1854

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …