メルセデス・ベンツ Sクラスがフェイスリフト|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ Sクラスがフェイスリフト|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz s Class|メルセデス・ベンツ S クラス

メルセデス・ベンツ S クラスがフェイスリフト

メルセデス・ベンツ日本はSクラスのフェイスリフトを発表した。一部車種を除き9月上旬より順次納車が開始される。価格は1,128万円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

モダンラグジュアリーをよりいっそう強調したデザイン

今回のフェイスリフトのポイントはデザイン、インテリジェントドライブの進化、そしてテレマティックサービスの「Mercedes me connect」が挙げられる。

エクステリアで大きく変更されたのはフロントフェイスとリア周りだ。ヘッドライトは光ファイバーによる特徴的な3本のラインが入り、グリルはこれまで12気筒のみに採用されていたツインルーバーを全車で採用。

リアではLEDリアコンビネーションランプを、満天の星空の輝きを想起するクリスタルルックに変更。視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することにより眩惑を防ぎ、 見た目の華やかさだけでなく安全性にも寄与している。また、LED リアコンビネーションランプが内側から外側へ、下側から上側へと流れるように解錠・施錠時に点灯するカミングホーム ファンクション機能も導入された。

s_006_Mercedes-Benz _S_Class
s_012_Mercedes-Benz _S_Class

リアバンパー下部もデザインが変更され、左右のエグゾースト エンドを結ぶワイドなクローム トリムが採用された。

インテリアでは、現行モデルの一体感のあるインパネ周りのデザインは継承しながらも、大型のコックピット ディスプレイや、タッチ コントロール ボタン付のマルチファンクション ステアリング、照明色がゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64 色)などが装備された。

これらのデザイン変更の結果、メルセデスのフラッグシップならではの威厳はそのままに、最高のクオリティを誇る素材とクラフトマンシップにより、メルセデス・ベンツのデザインコンセプト、“モダンラグジュアリー”をより明確に表現しているという。