ショートインプレッション アウディ A6 ハイブリッド|Audi

ショートインプレッション アウディ A6 ハイブリッド|Audi

CAR

Audi A6 hybrid|アウディ A6 ハイブリッド

ショートインプレッション アウディ A6 ハイブリッド

先日、日本発売のニュースをお伝えしたアウディジャパン初のハイブリッドモデル「Audi A6 hybrid」。じつは、発表にあわせてOPENERSは短時間の試乗の機会を得た。そこで、ステアリングを握ったのは、小川フミオ氏。Sモデルの同時試乗の際には、「S6」を高く評価した氏は、ハイブリッドの「A6」をどう感じた?

Text by OGAWA FumioEvent photographs by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)

戦略性を感じる

アウディ ジャパンが2012年9月24日より発売したアウディA6ハイブリッド。ナチュラルで、乗り心地もよく、かつ燃費はガソリンエンジンよりはるかにすぐれる。しかも690万円という価格は、既発のドイツのライバルをだいぶ下まわる。「日本のハイブリッド車の市場は大きいので、そこでアウディも存在感を増していきたい」(アウディ ジャパン)というだけに、戦略的なモデルといえる。

A6ハイブリッドは、211psの2リッター4気筒ターボである「2.0TFSI」エンジンに電気モーターをパラレル式に組み合わせたもの。トルクコンバーターの代わりに電気モーターとクラッチが一体化したハイブリッドユニットを搭載している。それによって、システム合計では245psの最高出力と、480Nmの最大トルクを発生する。

もうひとつ、A6ハイブリッドで注目すべき点は、前輪駆動仕様であること。価格を抑える目的もあったのだろう。商品戦略的には、2013年導入予定の「Q5」で、クワトロのハイブリッド版の存在感を際立たせるためとも考えられる。

Audi A6 hybrid|アウディ A6 ハイブリッド