コンパクトなボディに充実した撮影機能を搭載した「ライカ TL2」|LEICA

LEICA|コンパクトなボディに充実した撮影機能を搭載した「ライカ TL2」

DESIGN NEWS

LEICA|ライカ

優美なデザインと上質なクオリティが融合

ライカの新モデル「ライカ TL2」が登場。ディーテールをリデザインし、より洗練されたルックスに。大型液晶モニターの搭載や、操作メニューの改良など操作性も向上している。アクセサリーの豊富さも魅力だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

他システム用レンズとの互換性を最適化

LEICA(ライカ)から「ライカ TLシステム」の速度や操作性をより磨き上げた新モデル「TL2」が登場した。外観がリデザインされ、ボディの角が面取りされたほか、シャッターボタンなどの操作部もデザインが変更された。見た目が洗練されたことはもちろん、触り心地もアップしているという。

コンパクトなボディは、工場でアルミニウムの塊から精密に削り出され、最高の素材を使用して手作業で精巧に組み上げられる。

leica-tl2_006
leica-tl2_007

新開発の2400万画素APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載し、イメージプロセッサー「LEICA MESTRO Ⅱ(ライカ・マエストロ・ツー)との組み合わせにより、幅広いダイナミックレンジとコントラスト、色再現性、ディテールまで表現する描写力を実現。

静止画はもちろん、4K、フルHD、スローモーションなど、シチュエーションに合わせてさまざまな動画撮影モードを楽しめる。

またオートフォーカスのスピードと精度が向上。0.165秒(CIPA規格準拠、ライカ標準ズームレンズ広角側の場合)で被写体にシャープにピントが合い、全モデルと比べて約3倍速い。

ライカ・マエストロ・ツーにより、オートフォーカスのスピード向上に加え、起動時間も大幅に短縮している。新開発の電子シャッターはシャッター音を消音でき、最高1/40000秒の高速シャッタースピードでの撮影や、秒間7~20コマの連写を実現している。

leica-tl2_020
leica-tl2_019

「ライカ TL2」のメニューにも改良された。関連機能ごとにメニュー項目が整理され、より直感的な操作が可能。よく使うメニュー項目を登録できる「マイカメラメニュー」は、項目の並べ替えもでき、使い勝手の良さがアップしている。

操作に使う背面の3.7インチタッチパネル液晶モニターは、感度が大幅に向上し、最大で8倍も速く反応スムーズな操作感が魅力だ。映像が鮮明かつクリアに映し出されるので、構図の確認や撮影前後の被写体チェックにも便利だ。

レンズは6本をラインナップ。単焦点レンズや、コンパクトなズームレンズ3種類を展開するなど、ニーズやシチュエーションに合わせて最適なものを選択できる。「ライカ TL2」のレンズマウントには「ライカTL」および「ライカSL」と共通のものを使用。アダプターを使用せずにSL用のレンズを装着可能だ。

カラーはシルバーとブラックの2色。そのほかバッテリーの交換時にカメラを支えることができる、ナパレザーの新型プロテクターなどの機能的なアクセサリーも豊富に用意された。カメラのカラーリングとマッチするキャリングストラップもストーングレー、ブラック、レッド、セメントの各種カラーが揃っている。

ライカ TL2
サイズ|W136×D33×H69mm
重量|約399g
撮像素子|CMOS センサー サイズ:23.6 x 15.7mm(APS-C サイズ) 総画素数:2496 万画素 有効画素数:2424 万画素 アスペクト比:3:2
記録画素数|DNG:6016×4014 画素(24M)、JPEG:オプション 6000×4000 画素(24M)、
4272×2856 画素(12M)、3024×2016 画素(6M)
記録形式|オプション:JPG、DNG、DNG + JPG、DNG 非圧縮/圧縮(ロスレス)
記録媒体|SD/SDHC/SDXC メモリーカード、マルチメディアカード、UHS II 対応
内蔵メモリー|32GB
ISO 感度|オート、ISO 100~50000
シャッタースピード|30~1/40000 秒(電子シャッター。機械式シャッター:最大1/4000 秒)
発売日|2017年8月10日(木)
価格|25万円(税別)

問い合わせ先

ライカサポートセンター

0120-03-5508

http://www.leica-camera.co.jp