新型メルセデス・ベンツ「Eクラス カブリオレ」に試乗|Mercedes-Benz

新型メルセデス・ベンツ「Eクラス カブリオレ」に試乗|Mercedes-Benz

CAR IMPRESSION

Mercedes-Benz E Class Cabriolet|メルセデス・ベンツ E クラス カブリオレ

快適で安逸、しかし刺激もある

2016年にフルモデルチェンジを受け、5世代目へと進化したメルセデス・ベンツ「E クラス」。その5番目のモデルとしてデビューしたばかりの「E クラス カブリオレ」に、小川フミオ氏が試乗した。

Text by OGAWA Fumio

2台ぶんの美を楽しめる

メルセデス・ベンツが「Eクラス カブリオレ」を発表し、欧州で試乗会が開かれた。

Eクラスではセダン、ステーションワゴン、クーペ、そしてオールテレイン(日本未発売)につぐ5番目の車種であり、ラインナップにおいて最もエレガントなモデルだ。

Eクラス カブリオレの特徴は、爽快なオープンドライブを味わえるところにある。50km/hまでなら20秒でフルオープン。新型は室内に余裕が生まれて、大人4人も快適に乗れるようになっている。

もうひとつの特徴は先進的安全装備と、運転支援技術の充実ぶりだ。快適と安全ともに視野に入れた技術として注目に値する「マジックビジョンコントロール」は、このクルマで初採用である。

s_003_mercedes-Benz-e-cabriolet_003
s_004_mercedes-Benz-e-cabriolet_004

これまでメルセデス・ベンツは乗用車ベースの4人乗りフルオープンとしては、「S クラス カブリオレ」と「C クラス カブリオレ」(ともに2016年発表)をラインナップに持っていた。

Eクラス カブリオレは豪華さではS クラスに迫り、軽快さではC クラスと肩を並べるような、ユニークな存在感が光るモデルだ。

試乗会が開催されたのは、2017年6月も終わり頃の欧州。スイスとイタリアとフランスが国境を接する山岳地帯のリゾートが舞台だった。

試乗したのは「E 400 4MATIC カブリオレ」と、「E 300 カブリオレ」。前者は245kW(333ps)の3リッターV6エンジンにフルタイム4輪駆動。後者は180kW(245ps)の2リッター4気筒の後輪駆動だ(本国のラインナップはディーゼルもAMGもあり豊富)。

夏の短い欧州ではオープンドライビングを好む傾向が強い。日本では夏に向いていないけれど、残りの3つの季節を楽しめるという、クーペやセダンにはない“機能”もまたカブリオレの魅力だ。

メルセデス・ベンツは戦前からパッドが詰まった耐候性の高いカブリオレに力を入れてきただけあって、幌の作りはいいし、なによりエレガンスとスポーティ性をうまくバランスさせている印象だ。

Mercedes-Benz E Class Cabriplet|メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ

E クラス カブリオレは大きなスリーポインテッドセンターを中央に据えたいわゆるスポーツグリルを持ちながら、伸びやかにリアへと続くキャラクターラインは流麗。

幌を開けたとき開口部の大きなスタイルは古典的ともいえるいっぽう、クローズドでは薄く見える幌が大型のクーペのような印象を与えてくれ、幌を上げたときと下ろしたときとで2台ぶんの美を楽しめるとさえいえる。

走りの性能ぶりは、うれしい驚きだった。