MINIクロスオーバーのPHV、日本上陸|MINI

MINIクロスオーバーのPHV、日本上陸|MINI

CAR NEWS

MINI Cooper S E Crossover ALL4|ミニ クーパーS E クロスオーバー ALL4

MINIクロスオーバーのPHV、日本上陸

本年3月に導入が開始された、新型MINIクロスオーバーをベースにした、MINI初のプラグインハイブリッド「MINI クーパーS E クロスオーバー ALL4」が登場した。価格は479万円だ。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

エンジンは前輪、モーターは後輪を駆動するALL 4

MINIブランドとして初のプラグインハイブリッドとなる「MINI クーパーS E クロスオーバー ALL4」。注目はもちろんパワートレインだ。搭載されるエンジンは最高出力136ps、最大トルク 220Nmを発生する3気筒1.5リッターガソリンターボ。そこに、最大出力88ps、最大トルク165Nmの電気モーターが組み合わされ、総合出力は224psにおよぶ。6段ATとの組み合わせで、ガソリンエンジンは前輪を、電気モーターは後輪を駆動する四輪駆動モデルである。

電気モーターのみの最長距離は約42.4kmで、後部座席の下に、電気モーターを駆動する電池容量 7.6kWhのリチウムイオンバッテリーを収納。200V電源にて空の状態から約3時間で満充電が可能となる。EV走行での最高速度は125km/hだ。

s_002_MINI_Cooper_S_E_C_ALL4
s_021_MINI_Cooper_S_E_C_ALL4

黄色がPHEVのポイント

エクステリアやインテリアは新型「MINI クロスオーバー」から大きく変わるところはないが、各所に“黄色”をあしらうことでこのクルマがプラグインハイブリッドモデルであることを主張する。

まず、左フロントフェンダーにある充電ポートカバーにコンセントの形をあしらったイエローのエンブレムや、右フロントフェンダー、リアのテールゲートにも同様のエンブレムが配される。フロントグリルとテールゲートにイエローのSマーク、ドアを開けたサイドシルのSマークも黄色だ。また、センターパネル下方にある“スタート&ストップ”トグルスイッチも黄色に配色される。

s_011_MINI_Cooper_S_E_C_ALL4
s_024_MINI_Cooper_S_E_C_ALL4

その左にあるeドライブトグルは、ドライバーの好みに応じて電動モードを切り替えるもの。例えば、積極的にモーターを使いたい、あるいは、現在の充電量をキープしたいなどをこのスイッチで選択できる。

ビー・エム・ダブリュー MINIディビジョンプロダクト・マーケティングの生野逸臣氏は、「この黄色はMINIの電動化テクノロジーを搭載したクルマであるということを象徴しています」とコメント。「いたるところに黄色をあしらうことにより、ドライバーはもちろん、同乗者や周りにいる人たちに、このクルマが特別な存在であることを表現しているのです」と述べた。