ボルボ、2019年から全モデルに電動パワートレーンを設定へ|Volvo

ボルボ、2019年から全モデルに電動パワートレーンを設定へ|Volvo

Volvo XC60 T8

CAR NEWS

Volvo|ボルボ

ボルボ、2019年から全モデルに電動パワートレーンを設定へ

ボルボは欧州時間の7月5日(水)、2019年以降に発売するすべてのクルマにモーターを搭載したモデルを用意すると発表。電動化を将来の事業の中心に据えることを明らかにした。

Text by YANAKA Tomomi

2021年までに5モデルのEVを発表

ボルボは、2019年以降に発売する全モデルに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)、もしくはマイルドハイブリッドをラインナップすると発表した。これは今後、内燃機関を持つエンジン車は徐々に生産を縮小し、EVなど電動化されたモデルに置き変わっていくことを意味する。

これまでにも2025年までに100万台の電動化したクルマを販売することを目指し、気候変動に影響しない生産事業を目標に掲げてきたボルボ。「電動化はお客様のニーズを追求した結果」と語るサムエルソンCEOは「今回の発表は、この目標の実現に向けた強い決意のあらわれであり、その道筋を具体的に示すもの」とコメントしている。

Volvo|ボルボ
Volvo|ボルボ

ちなみにボルボは先月、ポールスターを独立ブランドとさせるとともに、電動のハイパフォーマンスカー開発に特化していくことを発表している。

現在の計画では、2019年から2021年のあいだに5モデルのEVを発売し、そのうち3台はポールスター ブランドのハイパフォーマンスカーとして登場する予定という。