新型ミニ クロスオーバーに試乗|MINI

新型ミニ クロスオーバーに試乗|MINI

CAR IMPRESSION

MINI Crossover|ミニ クロスオーバー

1台でなんでもできるクルマ

ガソリンエンジンの導入を中止し、ディーゼルとハイブリッドのみという構成も話題の中心となった、新しい「ミニ クロスオーバー」。ボディサイズもひとまわり大きくなった、第2世代のミニ クロスオーバーのディーゼルモデルに小川フミオ氏が試乗した。

Text by OGAWA Fumio

新型クロスオーバーはディーゼルのみ

MINI「クロスオーバー」がフルモデルチェンジ。2017年2月に日本発売が開始されている。新型の特徴はサイズが大きくなったことと、エンジンがディーゼルに一本化されたことにある。

試乗したのはMINI「クーパーD クロスオーバー」。110kWと140kWと2種類用意される2リッター4気筒ディーゼルのうち前者を搭載している。

パワフルなMINI「クーパーSD クロスオーバー」はALL4と呼ばれるフルタイム4WDとの組み合わせ。それに対してMINIクーパーDクロスオーバーは前輪駆動とALL4の2本立てだ。

MINI Crossover|ミニ クロスオーバー
MINI Crossover|ミニ クロスオーバー

もう間もなく、ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたプラグイン ハイブリッドモデルが導入される。純粋なガソリンエンジンモデルは(日本では)廃止された。

大胆といえば大胆な方針を打ち出した背景には市場の動向があると輸入元のBMWジャパンではする。

「従来のMINIクロスオーバーのセールスで9割をディーゼルエンジン車が占めていたため、今回の決定となりました」。広報担当者の説明だ。

全体の印象は従来型の美点を継承。とりわけ市場でのライバルと一線を画すスタイリングは、新型になってもひときわ眼を惹く。

すべてブラックアウトしたピラーを使ったスタイリング手法も引き継いでいる。その上に前後長をしっかりとったルーフが浮かぶように載る。

ボディサイズはひとまわり大きくなった。全長で195mm、全幅で30mm、全高で45mm、それぞれ拡大しているのだ。

街中では存在感がある。いっぽう単体で見ていると全体のまとまりがいいせいか、コンパクトなクルマであるような印象すらある。

といっても、とりわけMINIクーパーSD専用のグリルなど独特の形状が印象的。そこにエアダムが大きく下に延びたバンパーユニットが組み合われてスポーティだ。

変型ヘッドランプも緊張感のあるカーブで構成され、MINIという制約のなかで多様な形状が実現できるデザイン部門の力量に感心する。

乗ってみると、MINIは新しくなった、と強く感じた。