特集|第70回カンヌ映画祭 受賞なくとも素晴らしい作品|MOVIE

MOVIE|特集|第70回カンヌ映画祭 受賞なくとも素晴らしい作品

2017年 映画祭 リポート

特集|第70回カンヌ映画祭を振り返る

2017年 映画祭 リポート(1)

世界最高峰の映画祭が厳戒体制の下、5月17日~28日の12日間にわたり南フランスの高級リゾート地カンヌで盛大に開催!映画ライター、吉家容子さんが、現地の様子や作品を振り返る。惜しくも受賞を逃した作品も興味を惹かれるものばかりだ。

Text by KIKKA Yoko

すべての点において他の追従を許さないカンヌ映画祭

カンヌの最大の魅力は、何といってもその風光明媚なロケーションと開催時期だろう。人気スターに監督、ジャーナリストや映画ビジネス関係者が世界中から集う会期中は、陽光きらめくコートダジュールのこぢんまりとした高級リゾード地(イメージ的には、ご近所のニースが熱海でカンヌは葉山かな)が、映画祭一色に染まる。

続々と現地入りした大物スターが、レッドカーペットでフラッシュの洪水を浴びる姿も映画祭の名物で、メイン会場周辺は詰めかけた観光客や映画ファンで黒山の人だかりとなる。

cannes_034
cannes_005

また、上映作品のハイレベルさも周知されている。三大映画祭(ベルリン/カンヌ/ヴェネチア)の中でも抜群に質が高く、カンヌのコンペティションに選出されたとあれば、たとえ受賞を逃したとしても作品に箔がつくのだ。

今年は70回目というアニバーサリーイヤーの記念イベントが目白押しだったカンヌだが、過去の最高賞パルムドール受賞者などカンヌゆかりの映画人が一堂に会した記念撮影が実に圧巻で、まさに大物揃い。その顔ぶれを見ただけでも映画祭の“格”の違いを実感させられた。

ハイレベルな作品が多かったものの、評価は割れ気味

日本から河瀨直美監督の『光』が選出され、賞の行方が大いに注目された長編コンペティション部門の審査員は、スペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督(委員長)ら総勢9名。出品作は19本(動画配信サービス“Netflix”制作のオリジナル映画2本の選出が物議を醸した)で、過去に主要賞を受賞した監督や常連監督が居並ぶラインナップであったが、最高賞のパルムドールと次点のグランプリは、カンヌのコンペ初参戦者の頭上に輝く結果となった。

受賞結果は次ページの通りだが、まずは、無冠ながらも強く印象に残った2作品を紹介!

『Okja/オクジャ』
韓国の人里離れた山奥で10年間、謎の巨大生物“オクジャ”を大切に飼育してきた素朴な少女が大都会ニューヨークへと渡り、多国籍企業ミランド社のCEOの陰謀に立ち向かう姿を特殊な動物愛護団体の動きも絡めて活写した一大娯楽大作。

cannes_011
cannes_013

Netflixの潤沢な資金によるスケールの壮大さと最新VFX技術の駆使、そしてティルダ・スウィントン、ジェイク・ギレンホールをはじめとする豪華なメジャー俳優の起用も話題であったが、一番感服したのは、ゾウとイノシシを掛け合せたみたいなオクジャのユニークな造形で、その愛嬌のあるつぶらな瞳に完全にヤラレてしまった。

こんなにも愛とユーモアに満ちた独創的な物語を構築できしてしまうポン・ジュノ監督の恐るべき才能に驚愕しつつ、それに太刀打ちできる日本人監督の不在にはタメ息が出た。

『Jupiter’s Moon/ジュピターズ・ムーン』
ハンガリーの鬼才コーネル・ムンドルッツォ監督のコンペ初参戦作にして、シリアスな難民問題を描いた異色のSFファンタジー。不法に国境を越えようとした難民青年が、警官に発砲されて負傷する。ところが、そのショックにより、地面から浮き上がって空中を漂う能力を得た彼は……。

cannes_014
cannes_035

度肝を抜かれたのは、その驚異的な“浮遊描写”だ。アメコミヒーロー映画のスピード感あふれる飛翔とも、無重力空間の宇宙遊泳ともまったく異なる映像マジックに目が釘付けになってしまった。

Page.02受賞作品紹介