BMW M140iに試乗|BMW

BMW M140iに試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW M140i|ビー・エム・ダブリュー M140i

BMW M140iに試乗

BMWのコンパクトハッチ「1シリーズ」でも最もスポーティなモデルが「M140i」だ。Mを冠する初のコンパクトカーとしていち早く登場した系譜だが、いまやクーペの「M240i」や、さらに過激な「M2」も導入されるなかで、その立ち位置を、小川フミオ氏が試乗して再確認をする。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

M140iならではの美点

BMW車の魅力はエンジンだ。そう言い切ってしまうには少々の逡巡があるけれど、少なくてもエンジンを存分に“楽しめる”クルマが揃っている。これこそBMWならではの魅力である。

楽しめるとはどういうことか。その答はM140iにある。比較的コンパクトな車体に直列6気筒エンジンを押し込んだモデル。少し前に流行った言葉を使うとホットハッチの典型だ。

M140iはふつうのBMWとは少々ちがう車名を持つ。理由は「M Performance Automobiles(エム・パフォーマンス・オートモービルズ)」と定義されているところにある。

エム・パフォーマンス・オートモービルズとは、特別なBMW車だ。パワートレインおよびシャシーに、高性能モデル開発を請け負うBMW M 社によるスポーティなチューニングが施されている。加えて「エモーショナルな専用デザイン」(BMW)も。

BMW M140i|ビー・エム・ダブリュー M140i

パワートレインおよびシャシーにBMW M 社によるスポーティなチューニングが施されている

BMW M140i|ビー・エム・ダブリュー M140i

燃料消費率(JC08 モード)はリッター13.4kmで従来モデルから約10パーセント向上という

アクセルペダルを少し踏んだだけでクルマは弾かれたように発進し、そのままペダルを踏み込んでいくとエンジンは驚くほどなめらかに回る。それにつられてウィンドウ越しに見える景色がすごい勢いで後退していくのが眺められる。

加速感と回転を上げていったときに力が出てくる気持ちよさ。よく出来たガソリンエンジンの見本である。電気自動車が増えてくる時代にあって、これは最後の輝きなのだろうかと考えてしまったりするが、よき時代のBMWが今はまだ健在だと分かるのはやはり嬉しい。

そもそもM140iのベースは全長4,340mm程度のハッチバックボディを特徴とする「1シリーズ」だ。2016年に追加されたディーゼルエンジン搭載の「180d」など燃費とパワーのバランスがよくたいへん好ましいモデルに仕上がっている。

いっぽうM140iで“バランス”という言葉を使おうとしたらエンジン性能と操縦性の2つがともに高いレベルにあるという意味になる。別の言い方でこのクルマの魅力を表現するならパワフルな楽しさが存分に味わえる、となるだろう。

同じパワープラントは先に取り上げた「M2」にも搭載されている。M2との違いはドライブトレインにおいてM140iはトルコン式オートマチックであるのに対してM2はツインクラッチタイプを搭載していることだ。マニュアル変速機はどちらのモデルにも設定がある。

M140iにはこのクルマならではの美点がちゃんとある。