サーキット走行性を高めた「M4 CS」が60台限定で発売|BMW

サーキット走行性を高めた「M4 CS」が60台限定で発売|BMW

San Marino Blue Metallic

CAR NEWS

BMW M4 CS|BMW M4 CS

サーキット走行性を高めた「M4 CS」が60台限定で発売

ビー・エム・ダブリューは、「M4」をベースにサーキット走行を高めた「M4 CS」の日本仕様を60台限定で導入。販売を開始した。デリバリーは秋以降が予定されている。

Text by YANAKA Tomomi

M4コンペティションとM4 GTSの中間

日常走行とサーキット走行性能をあわせもつハイパフォーマンスモデル「M4」。現在、「M4」には性能を高めた「M4 コンペティション」と、サーキット走行に特化した「M4 GTS」が設定されているが、その中間に位置する「M4 CS」が台数限定で誕生した。

エンジンはM4と同じく3リッター直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。しかし、Mモデルを開発するM GmbH.のチューニングにより最高出力は「M4コンペティション」より7kW(10ps)アップの338kW(460ps)、最大トルクは50Nm増大した600Nmを発生。トランスミッションはダブルクラッチ式の「M DCT」で、0-100km/h加速は3.9秒、ニュルブルクリンク北コースでは7分38秒を記録した。

BMW M4 CS|BMW M4 CS
BMW M4 CS|BMW M4 CS

「アダプティブ Mサスペンション」を標準装備することで、走行モードはダンパー設定の異なるコンフォート、スポーツ、スポーツ+の3種類に切り替えが可能。また「アクティブ Mディファレンシャル」は、ダイナミック スタビリティ コントロール(DSC)と常にデータ交換を行っており、さまざまな状況下においても走行安定性やトラクションに寄与するという。

さらに、Mダイナミック モードを採用することで軽度のドリフト走行も可能となり、よりダイナミックな走行が楽しめるとBMWでは謳う。

またこれらの走行性能を生かすために、軽量化も追求。カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)をエンジンフードやルーフ、リヤデュフューザーなどに使用し、M4より25パーセント軽量化した1,580kgを実現した。

エクステリアは、3つに分かれた大型エアインテークがアクセントに。リアでもCFRP製のリアスポイラーが与えらえ、スポーティなイメージを高めるとともに、リア・アクスルに働く揚力を低減し、ロード・ホールディングとトラクションの最適化に貢献するという。

BMW M4 CS|BMW M4 CS

Lime Rock Grey Metallic

BMW M4 CS|BMW M4 CS

足元には専用開発されたフロント19インチ、リア20インチの鋳造アロイホイールを装着。重さはフロント9kg、リア10kgと軽量化され、デザインはドイツツーリングカー選手権(DTM)に出場した「M4レーサー」に倣った10本スポークホイールとなっている。

インテリアは、レザーとアルカンターラで高級感を演出。バックレストには照明で浮かび上がるM4のロゴがあしらわれたほか、M4 CS専用のスポーツシートを採用し、サーキット走行でのサイドサポートやロングドライブの快適性にも対応するという。

ボディカラーには専用のサンマリノ ブルー メタリックとライムロック グレー メタリックのほか、限定カラーではあるものの、BMWインディビジュアルからフローズン ダーク ブルーIIやマット ブルーを選択することも可能。販売台数は限定60台。価格は通常のM4(6段MT)より441万円、M4コンペティションより319万円高い1,598万円。デリバリーは今年秋以降が予定されている。

080507_eac_spec
BMW M4 CS|BMW M4 CS
ボディサイズ|全長 4,672 × 全幅 1,870 × 全高 1,392 mm
ホイールベース|2,812 mm
車両重量|1,580 kg
エンジン|2,979cc 直列6気筒ガソリンターボ
最高出力|338 kW(460 ps)/6,250 rpm
最大トルク|600 Nm/4,000-5,380 rpm
トランスミッション|7段AT(M DCT)
タイヤ 前/後|265/35R19 / 285/30R20
0-100km/h加速|3.9秒
最高速度|280km/h
販売台数|限定60台
価格|1,598万円
※欧州仕様の値

問い合わせ先

BMWカスタマー・インタラクション・センター

0120-269-437(平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00)