The Beetle Presents Tokyo Crossover/Jazz Festival 2012 いよいよ9月29日開催! 対談 沖野修也×DJ井上薫

The Beetle Presents Tokyo Crossover/Jazz Festival 2012 いよいよ9月29日開催! 対談 沖野修也×DJ井上薫

LOUNGE

The Beetle Presents Tokyo Crossover/Jazz Festival 2012

クラブ・ジャズ&クロスオーバー・ミュージックの祭典 いよいよ9月29日開催!

対談 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)×DJ井上薫(1)

2003年から始まり、国内外の豪華な顔ぶれが勢揃いするクラブ・ジャズ&クロスオーバー・ミュージックの祭典であるライブ/DJイベント「Tokyo Crossover/Jazz Festival」。毎年盛り上がりを見せるこのイベントだが、9回目の開催となる今回も、音楽はもちろん、会場の選定や室内装飾にも沖野修也の世界観を反映し、ほかでは観ることのできないおとなが楽しめる内容となっている。その沖野修也と、彼が日本でもっとも尊敬するというDJ井上薫が、音楽に対する熱い想い、そして、イベントの醍醐味を語り合った。

Photographs by JAMANDFIXInterview & Text by MATSUDA Natsuki(OPENERS)

景色や空気を変える音楽

井上 沖野さんと初めてお会いしたのは、場所は六本木のWAVE(ウェーブ)ですよね。僕が24歳の時から28歳くらいまで働いているとき。

沖野 うん。ちょうど、井上さんが働き出したときに僕は上京してきたんです。六本木のWAVEでCDやレコードを買っていました。ケニー・ドープが来日したときも、どこかに行きたいというからWAVEに連れて行ったしね。

井上 働いているときに、ケニー・ドープが来た!って感動して、レコードのジャケットにサインしてもらったなぁ。それに当時THE ROOMで、月曜日にクラブキングがレギュラーイベントをしていたし。そう考えると、出会ってからもう20年なんですね。ということはTHE ROOMも20周年?

沖野 そうですね、おかげさまで20周年を迎えます。井上さんには、2009年の“Tokyo Crossover/Jazz Festival”(以下、TCJF)、昨年はプレパーティーにも出演して頂いたので、今年は本編に。横浜で開催しているグリーンルームフェスティバルのクルーズ・パーティーの際も出演してもらいましたね。

井上 沖野さんはずっとパワフルですよね。作り上げているものすべてが“沖野組”になっている。僕、20代前半までずっとバンドをやっていたんですが、クラブでバイトを始めてアシッドジャズからレアグルーヴを聴き、DJになったんです。だからもちろん沖野さんの名前は知っていました。

――深いつながりのあるお二人が競演されるTCJFですが、今回のテーマは?

対談 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)×DJ井上薫 02

沖野修也氏(KYOTO JAZZ MASSIVE)

沖野 今回のテーマはね、レジェンドと次世代の融合。ジャンルもちがうし、世代もちがうひとたちと一緒にやりたくて今回のコンセプトにしました。“ちがうもの”が混在しているおもしろさ、というのでしょうか。
こだわっているのは、さまざまなひとをひとつの切り口で集めたいということ。テクノ、ジャズ、ヒップホップ、ハウス、レアグルーブやファンク――ジャンルはちがえど思考はわりと外向きなので、おなじニオイを感じるひとはどんどん吸収していきたい。井上さんには、TCJFにテクノやトライバルミュージックの影響を持ち込んでもらいたいですね。

井上 アーティスト側で、こういうことをちゃんとできるひとはなかなかいないとおもう。僕は絶対にできないですよ。
そして、このTCJFの求心力が「ジャズ」というのがすごいですね。いまはハウス、ダンスミュージックでDJをやっていますが、じつは僕自身も入り口はジャズで。音楽的な豊かさというのでしょうか。いまだってもちろんジャズは好きだけれど、なかなかかけられる現場が少ないのが現状なので。

――TCJFが恵比寿ガーデンホールに場所を移して2回目ですね。

沖野 ちょうどいいんです、このサイズ感。演者が遠すぎて見えないという距離ではなく、かといってせまくてギュウギュウではないところがほどよくて。それが現時点で考えている音楽イベントの大きさにはフィットしている。もちろん、もっとイベントを大きくしていきたい。でもそのときにはブッキングするアーティストもコンセプトも変わってくるだろうし。いまは踊れるジャズと、ジャズの影響を受けているダンスミュージックを軸に、1000~2000人収容の規模感でみんなとワイワイやれるのがいいですね。

井上 いつか、ぜひ野外でやってもらいたいですね。

沖野 今回は井上さんに野外フェスの雰囲気をもち込んでほしいというのもブッキングの意図としてあるんです。TCJFは屋内だけど、井上さんが回しはじめると、あれ?なんか野外フェスっぽくない?みたいな感じになるといいかなと。音楽で景色や空間の雰囲気を変えることはできますから。クラブ・ジャズ&クロスオーバー・ミュージックといいつつ、じつは音楽のジャンルは結構ひろいんです。

井上 軸となるジャズ自体が――とても広がりがあるじゃないですか。それが、クラブの現場に足りないところなのかなと感じてしまいますね。

沖野 有名だったらだれでもいい、音楽的にコンセプトがなくても集客力がある、といったものもビジネスとしてあってもいいとおもう。ただ、せっかくクラブという空間でDJという仕事に就いている以上、やはりこだわりがあったほうがいい。意識的でも無意識的にせよコンセプトというものがあって、そこにひとを巻き込んでいくほうがDJカルチャーの雰囲気があって好きだな。景気が悪いからみんな売り上げを考えるけれど、それは僕のやることではない。

対談 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)×DJ井上薫 03

DJ井上薫氏

井上 かっこいいですね。こだわりというか、自分たちが体験してきたことを伝えていきたいという気持ちで動いているとおもう。僕らの世代は全員その想いをもって、これからやっていくべきだなとおもいますね。

ABOUT
OKINO Shuya

クリエイティヴ・ディレクター/DJ/選曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家/Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来20年で70万人の動員を誇る渋谷The Roomのプロデューサーでもある …