V12フェラーリ最速の812スーパーファスト、日本上陸|Ferrari

V12フェラーリ最速の812スーパーファスト、日本上陸|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari 812 Superfast|フェラーリ812スーパーファスト

V12フェラーリ最速の812スーパーファスト、日本上陸

フェラーリ・ジャパンは3月に開催されたジュネーブショーでワールドプレミアしたフェラーリ「812スーパーファスト」を日本で初披露した。価格は3,910万円で、年末よりデリバリーが開始される予定だ。

Text & Photographs by UCHIDA ShunichiPhotographs by Ferrari Japan

史上最速のフェラーリ

フェラーリ「F12ベルリネッタ」の実質的な後継モデルともいえる「812スーパーファスト」。その特徴は大きく3つある。ひとつはエンジン、次にビークルダイナミクス、そしてエアロダイナミクスだ。

歴代フェラーリの中で最もパワフルで最速な動力性能を誇るそのエンジンは、6.5リッターV型12気筒自然吸気エンジンをフロント・ミッドに搭載。出力は800cv(馬力)/8,500rpm、最大トルクは718Nm/7,000rpmを誇り、「トップエンド までスリリングに湧き上がるパフォーマンスこそ、レースで鍛え上げられたフェラーリV12 エンジンの伝統的な特性です」とは、フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏の弁。

このエンジンの、全コンポーネントうち75パーセントが新しく設計された。そして、そのパフォーマンスは最高速度340km/h、0-100km/h加速2.9秒、0-200 km/h加速7.9秒を叩き出している。

Ferrari 812 Superfast|フェラーリ812スーパーファスト
Ferrari 812 Superfast|フェラーリ812スーパーファスト

次に、812スーパーファストはビークルダイナミクスを追求することを目的に、フェラーリとして初めて電動パワーステアリングが採用された。更に、「F12 TdF」などにも採用されてる“バーチャル ショート ホイールベース”も2.0システム(PCV)にバージョンアップ。前輪の電動操舵アシスタンスと、タイヤサイズ、後輪操舵に基づくメカニカルコンセプトを組み合わせて機能させる。

これらのシステムは、ステアリング入力への敏捷性とレスポンスタイムの向上を目的に、フェラーリが特許を取得したサイド スリップ コントロールの最新バージョン「5.0」をベースにしたビークルダイナミクス制御システムと統合されている。

トランスミッションは、7段F1 DCTながらシフトアップ時は30パーセント、ダウン時は40パーセント変速時間を短縮している。

Ferrari 812 Superfast|フェラーリ812スーパーファスト
Ferrari 812 Superfast|フェラーリ812スーパーファスト

そして、スタイルとエアロダイナミクス機能を統合し、革新的な技術とフォルムを創造することは、全てのフェラーリに共通するテーマだ。これは812スーパーファストにも受け継がれており、フロント周りでは、アンダーボディ前部に設けたアクティブ フラップをはじめエアロ デバイス クラスターが組み込まれ、サイドでもエアロ ダイナミック バイパスを設けてダウンフォースを生成させている。それらの結果、F12と比較すると、ダウンフォースは10パーセント増加。リア フェンダー ダクトのダウンフォースも8パーセント増加している。 これによってパフォーマンスとドライビング プレジャーは大きく向上しているという。

最後にディーター氏は、「我々は最もパワフルで最速のV型12気筒フェラーリを創造しました。ステアリングを握って得られるエモーション、そしてドライビングエクスペリエンスはどの市場を見てもこのモデルに匹敵するクルマは存在しません」とコメントした。