レクサスのブランド思想に繋がる「YET(二律双生)」|Lexus

レクサスのブランド思想に繋がる「YET(二律双生)」|Lexus

CAR FEATURES

Lexus|レクサス

レクサスのブランド思想に繋がる「YET(二律双生)」

レクサスが、今年も「ミラノ デザイン ウィーク」に出展した。10回目となる今回のテーマは「YET(二律双生)」。光の柱によるインスタレーションをはじめ、過去の出展内容をもとにした作品展示などを行うとともに、恒例の「レクサス デザイン アワード 2017」のプロトタイプも並べられた。今年も現地を訪れた小川フミオ氏のリポート。

Text by OGAWA Fumio

古典的でありながら最先端

「ミラノ デザイン ウィーク」が2017年4月4日から9日にかけて開催。そこでレクサスの展示が大きな話題を呼んでいた。

国際見本市会場を使う家具の見本市であるいわゆるミラノ・サローネと、市街地の各所で家具に限らずあらゆる“デザイン”がお披露目されるフオリ・サローネを総称してデザインウィーク。

興味深い出展は日本の企業にも多かった。なかでもユニークなコンセプトを大きなスケールで見せるという点でも、レクサスは一頭地を抜いていた感がある。

毎年、大胆な発想に基づいたインスタレーション(空間まで作品とする展示)を見せてくれるレクサス。2017年の主題は「YET」だった。

s_003_LEXUS-design-week

Ancient Yet Modern

s_004_LEXUS-design-week

Ancient Yet Modern

ミラノ中心部にある「トリエンナーレ・モダンアート美術館」を使った展示スペースは、中に足を踏み入れると真っ黒な空間に圧倒された。

そこに浮かびあがったのは、天井に届きそうな3本の光の柱。制作はネリ・オックスマン氏と、同氏がマサチューセッツ工科大学で仕事をしているメディテイテッド・マターグループ。

柱はガラス製で、細いチューブ状のものを巻いて有機的な造型を実現。ブロックで作り、それを15個積みかねて柱にしている。近くで観ても作りはじつに緻密。透過光が美しい。

コンセプトは「古典的でありながら最先端」。英題は「Ancient Yet Modern」となる。二つの形容詞を「YET」が結びつけている。

その面白さは、ガラスを使ったところにある。「ガラスは6000年前からおなじみの素材。でも造型には最新の技術を使っています」。オックスマン氏の説明だ。

細いガラスのチューブの製造はいわば古典的。クラフツマンシップによるものだ(作るのはかなり大変だったとか)。

いっぽう形状は3Dプリンターという最先端技術で決定。重ねて安定する断面形状。美しい透過光を作るフォルムもやはりコンピューターによる緻密な計算があったそうだ。