Milano Design Week|ミラノ デザイン ウィーク 2017を巡る

Milano Design Week|ミラノ デザイン ウィーク 2017を巡る

LGがデザイナーの吉岡徳仁氏と組んだ「S.F.-Sense of the Future」

DESIGN FEATURES

Milano Design Week 2017|ミラノ デザイン ウィーク 2017

ミラノ デザイン ウィーク 2017を巡る

デザインの祭典ともいえるミラノ・デザインウィーク。家具のみならず、あらゆるアートが世界中から集まるイベントが、2017年は4月4日から9日にかけて開催された。

Text by OGAWA Fumio

今年のアワードはLG×吉岡徳仁氏の作品に

そもそもは家具の見本市として、ミラノを中心とした家具メーカーの売り込みのために始まった見本市。ライフスタイル全般への目配りがいまは企業価値を上げるとあって、自動車メーカーや家電メーカーや食品メーカーまで熱心に参加するまでに成長した。

ミラノ・サローネと呼ばれる国際見本市会場を使った家具を中心の見本市と、フオリサローネと称される市内全域でのインスタレーション(空間も使った展示)とで構成される。

最後にはミラノ市を含めた主催者によるアワードが授与されるのも話題になる。2017年のグランプリは韓国のLGがデザイナーの吉岡徳仁氏と組んだ「S.F.-Sense of the Future」だ。

s_003_Milano-Design-Week-2017

パナソニックデザインが西陣織りとのコラボレーションで作りあげた「織ノ響」

s_004_Milano-Design-Week-2017

開化堂の茶筒のなかにスピーカーユニットを仕込んだ「響筒」

「コンセプトとテクノロジーと物語性とエモーションを一つの物体のなかにうまく合体させた」。そう評されたこのインスタレーションは、有機エレクトロルミネッセンスの分野で大きく業績を伸ばしているLGの技術を生かしたもの。

同じアワードのなかで「ベスト ストーリー テリング」賞はパナソニックに贈られた。ブレラ地区に1700年代に作られた美術アカデミーの荘厳な建物を舞台に、3つのパートで構成された同社のインスタレーション「Electronics Meets Crafts」。

なかでも注目されたのは家電を手がけるパナソニックデザインとアプライアンス社が、京都の伝統工芸を引き継ぐ若手ユニット「GO ON(ゴオン)」と組んだプロトタイプの数かず。

高品質の茶筒で知られる開化堂の茶筒のなかにブルートゥースのスピーカーユニットを仕込んだ「響筒」。西陣織に織り込まれた金銀箔がセンサーとなり静電気反応してスイッチがオンになり音を奏でる「織ノ響(おりのひびき)」も驚きだった。

美的な質の高さと技術との両立という点ではAGC旭硝子による「Touch」は注目に値するものである。