アウディ最小のSUV「Q2」国内販売開始|Audi

アウディ最小のSUV「Q2」国内販売開始|Audi

CAR NEWS

Audi Q2|アウディ Q2

アウディ最小のSUV「Q2」国内販売開始

アウディジャパンは、アウディのSUVラインナップで最もコンパクトなSUV「Q2」を発表し、受注を開始した。正式な発売は6月中旬が予定され、価格は299万円からだ。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

コンパクトボディで2種類のエンジンを搭載

アウディ ブランドのなかで最もコンパクトなSUVとなる「Q2」が日本に上陸した。

Q2のボディサイズは、これまでの最小SUVだった「Q3」よりもさらに一回り小さく、全長4,200×全幅1,795×全高1,530mmと多くの立体駐車場に入るサイズを実現している。

日本に導入されるエンジンは2種類あり、ひとつは1.0リッター直列3気筒TFSI(過給機付き直噴ガソリン)で、最高出力は116ps、最大トルクは200Nmを発生。もうひとつは1.4リッター直列4気筒TFSI(過給機付き直噴ガソリン)で、最高出力150ps、最大トルク250Nmを発揮し、いずれのエンジンも7段Sトロニックが組み合わされ、前輪を駆動する。

s_051_037_Audi_Q2_1.0_engine_02

Audi Q2 1.0

s_062_037_Audi_Q2_1.4_engine_01

Audi Q2 1.4

1.0リッターTFSIエンジンは、快適性とパワーの両立をテーマに開発された、アウディのなかで最も小さいユニットだ。3気筒ならではのコンパクトな設計に加え、アルミ製クランクケースの採用などにより、エンジン単体の重量をわずか88kgに抑えている。

また、1.4リッターTFSIエンジンは、シリンダー休止システムのシリンダーオンデマンド(COD)を採用し、燃費効率を改善。具体的には、負荷100Nm以下の運転領域、およびエンジン回転数1,400-3,200rpmで無負荷走行をしているときに第2、第3シリンダーを休止すると同時に、第1と第4シリンダーは、高まる負荷に対応するようにバルブの作動ポイントを変更し運転効率を高めている。