最新にして最後のテスラ ロードスターをテストドライブ|TESLA

最新にして最後のテスラ ロードスターをテストドライブ|TESLA

CAR IMPRESSIONS

TESLA Roadster|テスラ ロードスター

電気自動車の金字塔

テスラ ロードスター 最終モデルに試乗

IT系企業をバックボーンに、シリコンバレーに拠点を構える異色の自動車会社「テスラモーターズ」。現在は、モデルバリエーションを拡大しつつあるテスラの第1弾モデル「テスラ ロードスター」は、いまや電気自動車の金字塔的存在といえるだろう。この世界中の注目をさらった限定2,500台のEVスポーツも、ついに残り台数あとわずかとなった現在、OPENERSでは、その最終モデルに試乗する機会を得た。九島辰也氏がナビゲートする。

Text by KUSHIMA Tatsuya Photographs by NAITO Takahito

シリコンバレーの午後に

テスラと聞いておもい浮かぶのはシリコンバレーである。このクルマに投入された最先端技術とベンチャーキャピタルとしての成り立ちが、そこに点在するメジャーブランドとイメージをともにする。アップル、ヤフー、インテル……先月ここに訪れたときも偶然グーグルの本社を見つけた。ルート101を北上すればサンフランシスコまでひとっ走りという好立地。ダウンタウンでパワーランチも可能だ。きっとボードメンバーともなればハーフムーンベイあたりのリンクスで平日からティーオフしていることだろう……。

TESLA Roadster Sport 2.5|テスラ ロードスター スポーツ 2.5
TESLA Roadster Sport 2.5|テスラ ロードスター スポーツ 2.5

そんなテスラは2003年に誕生した若い会社。翌年製品開発をスタート。2006年「ロードスター」のプロトタイプを発表し、2008年に生産開始、ロサンゼルスをはじめ17の直営店を展開している。

日本での発売開始は2010年。この年の5月にまずインターネットでの販売がはじまり、10月に青山ショールームをオープンさせた。その日、創業者のイーロン・マスク氏が来日したのもニュースだが、豊田章男氏が同席したのも印象深かった。アメリカにおける工場の売買でこの二者はすでに深い関係にあったが、それをメディアを通して日本のマーケットにアピールするのはまたちがった話。その意味じゃテスラは信頼性を上げ、トヨタは先進性をアピールするいい機会だったとおもう。