メルセデスの新型Sクラス、その進化|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz S-Class|メルセデス・ベンツSクラス

Mercedes-Maybach S 680|メルセデス・マイバッハ S 680

Mercedes-AMG S 65|メルセデス AMG S 65

Mercedes-AMG S 63 4MATIC+|メルセデス AMG S 63 4マティック+

ポイントはルックスよりも中身

メルセデスの新型Sクラス、その進化(2)

ガソリンにはハイブッド仕様

一方、ガソリンエンジンは、最高出力469ps、最大トルク700Nmを発生する4.0リッター V8ツインターボの「S 560 4マチック」をラインナップする。「ゴーロクマル」という響きに反応するユーザーは、おしなべて50代以上だと推察するが、往年のネーミングの復活はとてもキャッチーである。

Mercedes-AMG S 63 4MATIC+|メルセデス AMG S 63 4マティック+

Mercedes-AMG S 63 4MATIC+

Mercedes-AMG S 63 4MATIC+|メルセデス AMG S 63 4マティック+

Mercedes-AMG S 63 4MATIC+

直6化を果たしたディーゼルエンジンに対してガソリンエンジンは? と思った方は先見の明ありで、メルセデスはスターターとジェネレーターをひとつの大容量48Vモーターに統合したISA(インテリジェンス スターター オルタネーター)をトランスミッションとのあいだに配置した“M256”と呼ばれる新型の直6ガソリンエンジンも追加ラインナップの予定だ。

加速シーンでは、このモーターがエンジン出力をアシストし、減速時にはエネルギー回生を行う。つまり直6ガソリンはもれなくマイルドハイブリッド仕様になるということである。その加速感は従来のV8エンジン並というから、登場を大いに期待したい。

このほか、メルセデスAMGからは、ロングホイールベースを用いた最高出力612ps、最大トルク900Nmを発生する4.0リッターV8ツインターボの「AMG S 63 4マティック+」や、同じくロングホイールベースでフラッグシップたる最高出力630ps、最大トルク1000Nmを誇る6.0リッターのV12ツインターボを搭載した「AMG S 65」、ラグジュアリーモデルのフラッグシップとなる「メルセデス・マイバッハ S 680」も同時に発表されている。

Mercedes-AMG S 65|メルセデス AMG S 65

メルセデス AMG S 65

Mercedes-Maybach S 680|メルセデス・マイバッハ S 680

メルセデス・マイバッハ S 680