パワーユーザー寺嶋徹氏が語る、「ミスターポーター」の魅力とは|INTERVIEW

INTERVIEW|パワーユーザー寺嶋徹氏が語る、「ミスターポーター」の魅力とは

FASHION NEWS

MR PORTER|ミスターポーター

イギリス・ロンドン発メンズオンラインショッピングサイト

ルートコミュニケーションズCEO寺嶋徹氏が語る
「ミスターポーター」の魅力とは(1)

ラグジュアリーブランドをはじめ、世界中からセレクトした人気ブランドの商品を扱うイギリス・ロンドン発のメンズ向けオンラインショッピングサイト「MR PORTER(ミスターポーター)」。品揃えの豊富さやコンテンツの充実ぶり、日本語OKのカスタマーサポートなどサービスの素晴らしさは弊誌でも紹介済みだが、実際の日本人パワーユーザーにその使い心地をインタビューすることができた。今回、六本木に事務所を構え、NIKE、ユニクロ、DIESELなど、国内外の有名ブランドにおいてデジタルを中心としたプロジェクトを担うデザイン会社、ルートコミュニケーションズCEOの寺嶋徹氏に、ミスターポーターの魅力について語ってもらった。

Photographs by ISHIBASHI MasatoText by ASAKURA Nao

きっかけは女性版サイト「NET-A-PORTER(ネッタポルテ)」

porter_009

――ミスターポーターを知ったきっかけは何ですか?

寺嶋徹さん(以下、寺嶋) ファッション好きの女性社員が、レディス版であるネッタポルテを利用して、教えてもらいました。5年前くらいでしたね。今でも使っている社員はいます。

――さすが!感度の高い方が多いのでしょうね。社内でファッションのお話をされたりしますか?

寺嶋 そうですね。ファッションブランドの仕事も多いですし、仕事柄どこのECサイトが使いやすいかとか、そういう機能面の話もします。

――ミスターポーターで「THE JOURNAL」などの記事は読みますか?

寺嶋 ウェブでの記事はあまり読まないですね。定期的に送られてくる「THE MR PORTER POST」(ブロードシート新聞)にはたまに目を通します。でも僕より社員のほうが見ていますかね。

――ファッションの参考にされているのは雑誌なのでしょうか?

寺嶋 雑誌も『VOGUE』くらいしか読みません。街に出て、実際のお店を見て周ることが多いです。流行を追うというより、自分が着たいものを選びます。業界の勉強も兼ねてですしね。各ブランドの話は、雑誌で読むよりスタッフさんから聞くほうが良い情報が得られますから。

――どんなお店に行きますか?

寺嶋 サンローラン、セリーヌ、フィリップリム……メゾンブランドの路面店は行きますよ。会社の近所にあるセレクトショップも見に行きます。

――ミスターポーターでショッピングをする頻度は?

寺嶋 2〜3ヶ月に1度くらいでしょうか。買うときは複数買います。シャツを探しに行くついでにバッグも見る、みたいな。ネッタポルテもたまに使います。

――ミスターポーターを使用する前と後で変わったことはありますか?

寺嶋 服を頻繁に見るようにはなりますね。お店に行くとそれなりに時間がかかってしまいますが、オンラインだと合間に覗けるので。あとはメルマガがよく届くのですが、新着ではなく、緑のアイテムの特集とか、そういうテーマ性を持ったメルマガからは色々と発見があります。

――なるほど。それはオンラインショップならではの楽しみ方ですね。逆にオンラインショップでは試着ができないですが、サイズ選びに失敗したりはしないですか?

寺嶋 自分の体型に合うブランドとサイズがいくつか頭に入っているので、ほとんどないです。色んな店舗を回って、体系に合うブランドや合わないブランドが判っているので。

――ということは、ミスターポーターで購入されたものは、サイズ感ではほぼ満足のいくものばかりですか?

寺嶋 9割満足ですね。一度だけ、靴のサイズが合わなかったので交換したことはあります。たまに質感でイメージしていたものと実物が違うことはありますけど返品するほどではありません。

――ミスターポーターのいいところはどこだと思いますか?また、受けているサービスの中で素晴らしいと思うものは何ですか?

寺嶋 ありきたりですが、見やすさ、使いやすさですね。ページ全体の品位や、商品の並び方や、説明文なども、見ていてストレスが少ない。あとはマイページなどのが適度に整理されていますし、オーダー履歴から返品や交換を依頼したり、配達状況の確認もサイトの中だけで完結しているのが便利ですね。

mr-porter_005

Page02. 機能面は文句なし。求めるのは、本来店舗で受けられる「ラグジュアリー体験」