新型ディスカバリーに北米ユタ州で試乗|Land Rover

新型ディスカバリーに北米ユタ州で試乗|Land Rover

CAR IMPRESSION

Land Rover Discovery|ランドローバー ディスカバリー

新型ディスカバリーに北米ユタ州で試乗

現代のSUVのベンチマーク

4月5日に日本でも発売されたばかりの新型ランドローバー「ディスカバリー」。日本への導入に先立ってアメリカはユタ州で開催された国際試乗会で、モータージャーナリスト、金子浩久氏がその進化を確かめた。

Text by KANEKO Hirohisa

マッシブで表情豊かなデザイン

ランドローバー「ディスカバリー」がフルモデルチェンジした。モデルとしては5代目になる。ディスカバリーはランドローバーの中核を成すSUVで、車高調整が可能なエアサスペンションと副変速機を装備した本格派である。

シャシーのメカニズムの形式だけを見れば、同社トップモデルの「レンジローバー」と変わるところがない。大きく違うのは、ディスカバリーは3列7人乗りシートを備えているところだ。

これまで筆者はディスカバリーの初代から4代目までを国内外のオンロードとオフロードで走らせた経験を持ち、その変遷を体験してきた。

その変遷のなかで最も大きな変化は2回あった。前述したエアサスペンションの採用と、現在ではすべてのランドローバーに装備されている、路面コンディションの違いによる走行モード切り替えデバイス「テレインレスポンス」システムがディスカバリーに装備されたことだ。

その2つによってオンロードの走行性能とオフロードでの悪路走破性がまず向上し、さらにはその2つを矛盾することなく高い次元で両立させることを実現してきた。

だから、初代と4代目を今乗り較べると天と地ほどの開きがあって驚かされる。もちろん、その間に技術の進化があって、世の中のSUVのほとんども性能向上が著しかったわけだけれども、どの節目にあってもディスカバリーがリードしてきたことに変わりはない。

では、5代目は4代目とどれだけ変わったのだろうか? アメリカ・ユタ州で行われたメディア試乗会でそれを確かめてきた。

Land Rover Discovery|ランドローバー ディスカバリー
Land Rover Discovery|ランドローバー ディスカバリー

発表時の画像だけで、「ディスカバリー スポーツ」との近似性を感じたが、実物は大きく異なっている。兄はマッシブで表情豊かだ。先代ディスカバリーのデザインを発展させながら、新しいイメージを構築するのに成功している。

ステップドルーフとそのウインドウがサイドまで回り込んでいる造形や左右非対称に切り欠かれたテールゲートなどのディテイルもモダンに昇華されて継承されている。

しかし、それらよりも本質的なのは全体のプロポーション、特に垂直に近い角度に切り落とされたボディ後部の造形だ。

ほぼ直立に立ち上がって、ウインドウのやや下から少しだけ前傾している。写真で眺めると、反対にこの直立ぶりは伝わりにくいが、これこそが歴代ディスカバリーのアイデンティティなのである。

直立したテールゲートは過酷なアウトドアアクティビティでの最大限の積載量の確保のためだ。それが同時に多用途性を高め、3列7人乗りにも貢献することになる。

コクピットのデザインは、先代ディスカバリーや現行のレンジローバー、レンジローバースポーツの延長線上にあるものだ。センターコンソールの一番上の10インチスクリーンはインフォテインメントを司るもので「インコントロール・タッチ・プロ」と呼ばれる。 

タッチコントロールのほか、ボイスコントロールも可能だ。シフトレバーの手前にはテレインレスポンス2のロータリースイッチが来て、その隣にはヒルディセントコントロールや車高調整スイッチ、後述するATPCスイッチなどが並んでいる。素材や仕上げ、張られた革の素材と仕上げなどはレンジローバー並みに高級になったのも大きな変更点の1つだ。

意外だったのは、スピードメーターとタコメーターがスクリーン式でなく、針のあるコンベンショナルなものだったこと。オフロード走破性や高級感などは限りなくレンジローバーに近付いたが、あえてコンサバティブに残したのかもしれない。