“文字盤に何も記さない”気高き誇り。それがすなわち高品質の証となる|H.MOSER & CIE.

H.MOSER & CIE.|“文字盤に何も記さない”気高き誇り。それがすなわち高品質の証となる

SIHH2017

H.MOSER & CIE.|H.モーザー

シャフハウゼンの地で育まれた
クオリティ重視、誠実なモノづくりを
標榜するウェルメイド・ウォッチメーカー(1)

チューリッヒから35キロほど北に進んだライン川沿いに、工業の街シャフハウゼンがある。ライン川の水流を駆動源に換え、この地は古くから工業が発展。時計業界では、IWCが同じ土地で成功を収めている。ところでドイツ語圏らしい質実剛健的モノづくりをベースとしながらも、新生H.モーザーにはかつてない色気がある。美しさに拍車が掛かったフュメ文字盤、ケースサイドを大胆にえぐった特徴的なフォルムなど、ひとひねり加えた“艷やかさ”があるのだ。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

無銘ゆえに個性が際立つ、正統派“紳士のJEWEL”

グリーンのグラデーションを文字盤に施した2017年の新作「エンデバー・センターセコンド・コンセプト・コズミックグリーン」は、まるでエメラルド石の輝きを纏っているかのようだ。スーツスタイルに合わせてもビジネスコードから外れず、それでいて艶やかさを主張する。

この美しいグラデーションを備えた文字盤を、H.モーザーではフュメ文字盤と形容している。塗装作業を丹念に重ねることで柔らかなグラデーションを生み出す特殊仕様は、H.モーザーのトレードマーク。このモデルでは、フュメ文字盤の美しさを損なわないために、ロゴもインデックスさえも廃している。

02
03

まるで星雲。もしくは小宇宙。腕時計の複雑さを宇宙に例えるロマンティストにとって、この時計ほどしっくりくるものはない。グリーンという色のポテシャンルの高さなのだろうが、高貴であり、優しくもあり、華やぎも添えている。

この時計の生産本数は、18KWG、18KYGのケース素材違いで各20本。その希少性の高さも、時計の価値を高めている。

04

エンデバー・センターセコンド・コンセプト・コズミックグリーン

Ref.|1343-0211(18KWG)
ムーブメント|自社製手巻きHMC343
パワーリザーブ|約7日間(デュアルバレル)
文字盤|コズミックグリーン フュメダイアル
ケース素材|18KWG
ケース径|40.8mm
ケースバック|シースルー
ストラップ|アリゲーター
限定数|20本
価格|290万円(税別)

Page02. 新合金ヘアスプリングを載せ、次世代の姿をひも解く