フランス人・女性デザイナーが手がける、コルクとクランプの収納ユニット|Materia

Materia|フランス人・女性デザイナーが手がける、コルクとクランプの収納ユニット

PRODUCT Tokyo Tips

Materia|マテリア

コルクの産地・ポルトガルに拠点を置くメーカーが製造

リーン・ロゼ社のソファ「ルシェー」を手がけたことで知られる、フランス人・デザイナー、インガ・センペ。彼女が手がけた「Torno」は、取り外し可能なコルクとクランプ(ねじ切り)式の台座を組み合わせた収納ユニット。一見、繊細なオブジェのようだが、コルク部分と台座は強力な磁石によって固定されている。

torno_02
torno_02

デスクやダイニングなどで鍵やメガネなどをスポット的に置いたり、また意図的に何かをピックアップするなど、使い方はユーザー次第。コルクの部分はトレータイプとボウルタイプの二種類を用意している。また普段使っているテーブルに味気なさを感じていたら、「Torno」があることでアクセントになるだろう。

torno_02
torno_02
torno_02

Torno / Bowl
サイズ:幅140×75mm *最長で高さ200mm
1万1000円(税別)

Torno / Shelf
サイズ:幅180×高さ15mm *最長で高さ145mm

問い合わせ先

craft_one

Tel.03-6303-4252

http://www.craftcraft.net