GIORGIO ARMANI|建築家 石上純也が語る、ジョルジオ アルマーニのミニマルな美学と現代性

GIORGIO ARMANI|建築家 石上純也が語る、ジョルジオ アルマーニのミニマルな美学と現代性

Style Mode Attitude―ARMANI Experience

GIORGIO ARMANI|ジョルジオ アルマーニ

建築家 石上純也が語る、

ジョルジオ アルマーニのミニマルな美学と現代性(1)

「日本を代表する若き建築家」というと、まず筆頭に挙がってくるうちのひとりが石上純也さんだろう。その石上さんが、自身の作り出す建築について、またジョルジオ アルマーニの生み出す世界観について、ここで語ってくれた。

Photographs by TSUNODA MidoriStyling by IKEDA NaokiEdit by NAKAMURA Akiko (OPENERS)

自身と、アルマーニのクリエイションとについて

思想とリアリティが融合することによって、バランスは強度を増す――既存の固定観念を打ち壊すような視点をもち、空間を定義し直し、建築のあたらしい捉え方を提案する。建築と哲学と自然とアートを自由に行き来するような、ワークスの数々。いま日本を代表する若手建築家、というと必ず名前が挙がるのが石上純也さんだろう。

GIORGIO ARMANI|ジョルジオ アルマーニ 02

建築家 石上純也さん

2000年に妹島和世建築設計事務所勤務からそのキャリアをスタートさせ、04年には自身の事務所である石上純也建築設計事務所を設立。代表作には「テーブル」「四角いふうせん」「神奈川工科大学KAIT工房」などがあり、いずれもプロダクトと建築と空間とひととが、自然体でいながらにして共鳴しあうような、シンプルかつユニークなものである。

石上さんはいま現在も、パリの集合住宅プロジェクト、オランダのビジターセンター、ロシアの科学技術博物館の建築を手掛けていたりと、ワールドワイドに目覚ましく活躍中だ。

今回はそんな石上さんが、ジョルジオ アルマーニを着こなしてくれた。そして“建築”や“プロダクト”のつながりもあることから、アルマーニ / 銀座タワーにあるアルマーニ / カーザフロアにて、撮影・インタビュー。自身の作品のことやジョルジオ アルマーニの世界観について語ってくれた。

「いま、ぼくはイタリアの家具メーカーと一緒に仕事をしているのですが、向こうのひとたちってみんな家族ぐるみですよね。ファミリービジネスも多い。そういうことと関係しているのかもしれませんが、イタリアンデザインはとてもおおらかであたたかいイメージがあります。どんなに尖ったひとでも、どこかしらにキュートな印象を感じる方が多い」

デザイナーであるジョルジオ・アルマーニが、親から大きな影響を受けていて、それがデザインに活かされていること、親戚一同がビジネスにかかわっていることなどにも触れながら、そう語る。

“いかに心地よく過ごすか、そのひと自身をいかに美しく見せられるか”という信念をもとに、アパレルからインテリア、食、旅、ビューティに至るまで、ライフスタイルにおけるさまざまな分野で、生活全般をデザインするジョルジオ アルマーニ。石上さんの自身のクリエイションとはシンクロするのだろうか。

GIORGIO ARMANI|ジョルジオ アルマーニ 04

アルマーニ カーザのフロアにて

「僕自身は、ファッションとライフスタイルに、じつは特別な関係を意識してはいないのです。というのは、そもそも、日常的に生活していれば、服は着るし食べ物も口にするし、ソファにもたれたりもします。人間として、当然です。そういうなかで、それらの関係性を意識的に考えるということは、したくないのです。それよりは、なすがままというか、なるべく自然な状態で、僕が手をくわえたものとそうではないものと、境界線がないくらいがいいと思っています。無意識のなかで感じる心地よさにも通ずる“自然さ”のほうが重要ですね」

665_banner_2

armanibackbanner