2017年も攻めるアウディスポーツ|Audi

2017年も攻めるアウディスポーツ|Audi

CAR NEWS

Audi Sport|アウディスポーツ

アウディのレーシングDNAを伝える直系ブランド

2017年も攻めるアウディスポーツ

アウディ ジャパンは“Audi Sport 2017 Press Conference”において、昨年より発足した新ブランド、「アウディスポーツ」のこれからと、2017年シーズンのモータースポーツ カスタマー(プライベート)チーム サポート体制を発表した。SUPER GTにアウディ「R8LMS」で参戦する2チームと、SUPER耐久ST-Rクラスに参戦する2チームという陣容だ。

Photographs by UCHIDA Shunichi & Audi JapanText by UCHIDA Shunichi

アウディスポーツのこれから

アウディジャパン代表取締役社長の斎藤徹氏は、「最近の業界の話題は自動運転やコネクティビティなどに関心が集まっています。しかし自動車本来の楽しさは、“走る”“曲がる”“止まる”です。自分自身でクルマを意のままに操るというクルマの運転の楽しさは変わらずあり続けると思っています」と述べ、「その運転の楽しみを究極の部分まで引き上げているのが“Born on the track. Built for the road”というスローガンを掲げるアウディスポーツの商品ラインナップです」と紹介し、「1899年の創業時から今日に至るまでモータースポーツとクルマ作りの関係は不可分です」とアウディとモータースポーツは切っても切れない関係であることを強調した。

Audi Sport|アウディスポーツ
Audi Sport|アウディスポーツ

Team TAISAN SARD

ランボルギーニから、アウディスポーツ マネージング ディレクターに移籍したステファン・ヴィンケルマン氏も今回のPress Conferenceのために来日し、昨年の振り返りと、日本マーケットの重要性について次のように強調した。「2016年のアウディスポーツは対前年比18パーセント成長し、新記録樹立の年でした。過去5年間でハイパフォーマンスモデルの世界販売台数を倍増させていますが、日本はそれを上回るペースで成長しており、昨年は48パーセントの伸びを示しています」。

また、斎藤氏も「昨年アウディ ジャパンはアウディ スポーツモデルを約800台販売(アウディ ジャパン トータルは約2万8,000台)しました。今年は続々と続く魅力的なアウディスポーツ ニューモデルの国内導入により、アウディのスポーティなブランドイメージをさらに高まるでしょう」と期待をにじませた。