レクサスと坂本龍一氏が新プロジェクトを始動|Lexus

レクサスと坂本龍一氏が新プロジェクトを始動|Lexus

CAR NEWS

LEXUS Listening Drive|Ryuichi Sakamoto

レクサスと坂本龍一氏が新プロジェクトを始動

レクサスは、8年ぶりにニューアルバム『async』を発売する坂本龍一氏と「LEXUS Listening Drive|Ryuichi Sakamoto」プロジェクトを始動。多彩なイベントが展開される。

Text by YANAKA Tomomi

教授オススメのドライブルートをレクサス車両でドライブ

3月29日(水)に8年ぶりのオリジナルアルバム『async』を発売する“教授”こと坂本龍一氏。レクサスでは、坂本氏の音楽とコラボレーションすることで“まったくあたらしいライフスタイル体験”を生み出すべく、多角的な催しが企画される。

まず一つ目は4月15日(土)から4月23日(日)の土日、4日間限定で24組48人を招いて開催される「LEXUS Listening Drive」体験。教授がおすすめする都内ドライブルートを、専用ドライバーが運転するレクサス車両に乗り、ニューアルバムを聴きながら巡るという。

新アルバムの作品世界を体験するために、高谷史郎氏が手がけたインスタレーションなどが展示される『坂本龍一|設置音楽展』を開催中のワタリウム美術館を起点に、「LX」や「RX」「NX」といったSUVや、5.0リッターV8エンジンの「GS F」のいずれかに乗り込み、南青山のINTERSECT BY LEXUS-TOKYOまで約1時間のドライブ。坂本氏が生み出すサウンドとレクサスのエンジン音、そして流れる風景が一体となるラグジュアリーなライフスタイル体験を味わうことができる。

坂本龍一氏
s_08_665_EXTERIOR1

また南青山でレクサスの世界観を体感できるINTERSECT BY LEXUS-TOKYOでも企画を展開。新発売されたばかりのフラッグシップ クーペ「LC500」の車内でニューアルバムを視聴できる体験や、坂本龍一氏のドキュメンタリー映画のトレーラー放映、パネル展示などがおこなわれるという。

このほかにも招待者限定の坂本龍一氏とGQ編集長 鈴木正文氏によるトークショーなども企画。クルマに乗り、音楽を聴くという当たり前の行為。しかし、これをレクサスと坂本氏のタッグだからこそなしえる“新しいライフスタイル”に昇華させたプロジェクトとなっている。

「LEXUS Listening Drive体験」
日程|4月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)
募集人数|計24組48名
募集期間|3月29日(水)~4月6日(木)
申し込みサイト|
https://www.lexus-int.com/jp/intersect/tokyo/events/listening_drive-20170401.html?nav=jp

INTERSECT BY LEXUS-TOKYO
体験展示期間|4月1日(土)~5月9日(火) 9:00-23:00
営業時間|1Fカフェ&ガレージ9:00-23:00  2Fビストロ&ショップ11:00-23:00
住所|東京都港区南青山4-21-26
http://www.intersect-by-lexus.com/tokyo

坂本龍一氏CDアルバム『async』
発売日|3月29日(水)
品番|RZCM-86314
価格|3,500円

『坂本龍一|設置音楽展』
会期|4月4日-5月28日(日)
時間|11:00~19:00(水曜は~21:00)
会場|ワタリウム美術館
東京都渋谷区神宮前3-7-6
入館料|大人1,000円、25歳以下500円、ペア割引(大人2人)1,600円

ABOUT
SAKAMOTO Ryuichi

1952年東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、 細野晴臣、高橋幸宏と『YMO』を結成。散解後も、音楽・映画・出版・広告など、メディアを越えて精力的に活動。 83年、み …