夢中になったあの時代、あの衝撃が、いまを生きる僕らを鼓舞する|ROMAIN JEROME

ROMAIN JEROME|夢中になったあの時代、あの衝撃が、いまを生きる僕らを鼓舞する

SIHH2017

ROMAIN JEROME|ロマン・ジェローム

ハイエンドなウォッチメイキングを背景に
ROMAIN JEROMEは腕上の
エモーショナルなアートとなる(1)

ロマン・ジェロームの2017年のハイライトは「ドンキーコング」。任天堂が1981年にアーケードゲームとして世に送り出し、1983年にはファミリーコンピューターに移植されて世界中でヒットした作品である。ジグザグな8bitキャラクターは、エナメル技法で描かれている。そう、スイスの職人が丁寧に樹脂を塗り重ねるコールドエナメル技法で表現されているのだ。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

1980年代の伝説が、©Nintendo.とのコラボレーションにより甦った

パックマン、テトリス、スーパーマリオ、スペースインベーダーと、ここ数年、アーケードゲームの世界観を文字盤に表現してきたロマン・ジェロームだが、今年はマリオがはじめてゲームキャラクターとして登場した「ドンキーコング」が発表された。

このマリオ、最初から名前があったのではなく、当初は“ジャンプマン”と形容されていたようだ。障害物をジャンプでかわし、足場を渡って囚われた姫を助ける内容は、その後のゲーム文化の礎となり、ゲームにストーリー性をもたらしたことでもエポックと考えられている。

02
03
04
05

キャラクターはすべてコールドエナメル製法で描かれている。3層のピクセルのなかに樹脂を塗り、乾かしているのだ。塗装剤が枠線のなかに盛られているのがまたアナログでいい。文字盤に描かれたキャラクターは動きはしないが、見つめているとゲームに夢中になった時代の記憶が呼び覚まされてくる。

ロマン・ジェロームのクリエイティブディレクター・マニュエル・エムシュ氏は、このブランドを「エモーショナルなアート」と形容する。時計が必ずしも必要とされていない現代において、だからこそ自分たちの“作品”にはストーリーを込めたいと訴える。

06

ロマン・ジェロームブースの天井に吊るされた大量のコントローラー。ファミコン世代には、非常にナツい。

1972年生まれのマニュエル・エムシュ氏は、14歳で初めてアメリカを訪れた。交換留学生となった姉のホームステイ先を訪ねるためだった。

「その時の記憶が、私にとっては鮮明に心に残っているんです」と、エムシュ氏。憧れのテレビゲーム、ポップコーンの甘い香り、ティーンエイジャーだけのドライブ。スイスの片田舎に育った彼にとって、何から何まで、眩しくて仕方がなかった。

そのテレビゲームがマリオ。マリオはエムシュ氏にとってのフリーダムの象徴でもある。

「僕にとっての時計とは、古き良き記憶を思い起こさせるエモーショナルなもの。単に時刻を告げる道具ではなく、記憶を辿るという意味で、むしろ時を止めるような道具です」

現代の高級腕時計とは、すなわち精巧さを愛でる精密機械であり、ステイタスの象徴である。それらは、どのブランドの腕時計にも共通する事実。そして時計でストーリーを語るというのも多くのブランドが手がけていることだ。ただしロマン・ジェロームほど、アップトゥデイトな角度から鋭角に切り込んでくるブランドはない。

しかも、エムシュ氏といえば、かつてスウォッチ グループにおいてジャケ・ドローという古典派なブランドを再興させた立役者でもある。真逆とも言える両ブランドだが、エムシュ氏は、変わらぬ手法で采配を振る。古典的なものと、現代的なもの。インスピレーションは異なっても、彼が時計に込めるストーリーの熱量は同じだ。

07
08


RJ X ドンキーコング

Ref.|RJ.M.AU.IN.015.01
キャリバー|自動巻き。RJ001-A
パワーリザーブ|最大42時間
ケース素材|ブラックPVD加工のチタニウム。ケースバックにドンキーコングのメダリオン
ケース径|46mm
ベゼル|ブラックPVD加工のSS
ストラップ|ブラックラバー
防水|3気圧防水
限定数|81本(世界限定)
価格|214万円(税別)

Page02. いまにもマグマが噴出する寸前。パワー装填フルチャージ