“セント・パトリックス・デー”を盛り上げる2日間限定パブがオープン|JAMESON

JAMESON|“セント・パトリックス・デー”を盛り上げる2日間限定パブがオープン

EAT TOKYO Tips

JAMESON|ジェムソン

アイルランドの祝祭“セント・パトリック・デー”

アイルランドの祝祭日“セント・パトリックス・デー”。それを盛り上げるべく、「JAMESON」はポップアップパブ「THE JAMESON SAINT PATRICK’s PUB」を2017年3月18日(土)と19日(日)限定でオープンする。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

ウイスキーとクラフトビールのペアリングを楽しむ

5世紀頃、アイルランドにキリスト教をもたらした宣教者セント・パトリック。その熱心な布教活動で、アイルランドは敬虔なカトリックの国となり、彼は現在もアイルランドの守護者として親しまれている。

アイルランドでは彼の命日である3月17日を“セント・パトリック・デー”とし、盛大に祝う。街中がお祭りムードとなり、パブなどで親しい人たちとウイスキーやビールを飲みながら盛り上がるという。

世界各地でもアイルランドのシンボルカラーのグリーンを身に着けたパレードやフェスティバルが行なわれ、日本では2017年3月19日(日)に東京・表参道でアジア最大のパレードが開催される。

アイリッシュウイスキー「JAMESON」(ジェムソン)は、“セント・パトリックス・デー”を盛り上げるため、ポップアップパブ「THE JAMESON SAINT PATRICK’s PUB」(ザ・ジェムソン・セント・パトリックス・パブ)を2017年3月18日(土)と19日(日)限定でオープンする。

jameso-patricks_007
jameso-patricks_006

日本のブルワリー「DevilCraft」(デビルクラフト)とコラボレートし、ウイスキーと国産クラフトビールのペアリングを心行くまで楽しめる。デビルクラフトは「ワールドビアカップ2016」で金賞受賞のトップクオリティーを誇るブルワリーだ。

ウイスキーとビールは古くから一緒に飲まれており、アイルランドでは1602年という記録が残っている。ウイスキーを飲む際のチェイサーとしてビールで喉を潤したことが始まりだ。どちらもモルト(麦芽)が主原料で、糖化・発酵させる工程を含むことから相性は抜群という。

jameso-patricks_008

「THE JAMESON SAINT PATRICK’s PUB」では、「JAMESON」ウイスキーと「DevilCraft」の人気クラフトビールのペアリングセットを販売。「JAMESON」のWebサイトに登録すれば、アイリッシュウイスキー樽で「DevilCraft」の国産クラフトビールを寝かせた、世界初登場のバレルエイジドビールとのペアリング体験も楽しめる(先着400名)。

また「JAMESON」は、2012年より毎年“セント・パトリックス・デー”を祝し、記念ボトルをリリースしている。シリーズ第6弾となる2017年版は、デザインをスティーブ・マッカ―ティー氏が担当した。

イラストは、首都ダブリンで争いの絶えなかった時代に、ひとりの勇敢な行動が街に平和をもたらした有名なエピソードからインスピレーションを得ている。その勇敢さの象徴である友好の握手がメインモチーフとして描かれているのだ。

THE JAMESON SAINT PATRICK’s PUB
日程|2017年3月18日(土)・19日(日)
営業時間|11:00~20:00(L.O.19:30)
会場|BA-TSU ART GALLERY
東京都渋谷区神宮前5-11-5
Webサイト|https://www.jamesonwhiskey.com/jp/plans/devil-craft

ジェムソン セント・パトリックス・デー リミテッド 2017
容量|700ml
アルコール度数|40度
価格|2071円(税別)

問い合わせ先

ジェムソン/ペルノ・リカール・ジャパン

Tel.03-5802-2671

https://www.jamesonwhiskey.com/jp