ターボになった911GTSを試す|Porsche

ターボになった911GTSを試す|Porsche

CAR IMPRESSION

Porsche 911 GTS|ポルシェ 911 GTS

ターボになった911GTSを試す

ポルシェ「911カレラS」とスポーツモデル「911GT3」のあいだを埋める911GTSが、2017年1月に改良された。ベースとなる最新911シリーズにならい、エンジンを小排気量としながらターボ化した最新GTSに、河村康彦氏が試乗。細分化された911ファミリーのなかでの、GTSモデルのポジションを紐解く。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

長い時間が生み出したグレード体系

最も「ベーシック」な底辺となるグレードに、それよりも1段階ハイパフォーマンスな「S」のグレード。さらには、「GT」あるいは「R」といった記号が与えられる飛び切りスポーティな”役付き”のモデルに、それ自身がひとつのブランドと神格化をされているフラッグシップの「ターボ」グレード等々。

こうして今やあまりに種類が多く、ひと口で紹介をされてもそれぞれの違いがよく分からない――と、あるいはそんな人も少なくないかも知れないのが現在のポルシェ「911」のラインナップだ。

Porsche 911 GTS|ポルシェ 911 GTS
Porsche 911 GTS|ポルシェ 911 GTS

1964年に誕生をした初代モデルから数えると、ボディ最後端の低い位置に水平対向6気筒のエンジンを搭載するという大原則を死守しながら、軽く半世紀以上という歴史を刻んできたポルシェ911。

前出のようにさまざまなグレードが輩出されてきたと同時に、“元祖”であるクーペ以外にもカブリオレやタルガといった複数のボディタイプを並行して存在させるのも、このモデルならではの特徴だ。それは、さまざまな要望を持つユーザーとともに長い時間を生き抜いてきたという、ほかには類を見ないスポーツカーゆえの、「歴史の重み」そのもののひとつの現れと言ってよいのかも知れない。