アートイベント「バーニングマン」を捉えた日本初の公式写真集|BOOK

BOOK|アートイベント「バーニングマン」を捉えた日本初の公式写真集

LOUNGE BOOK

BOOK|監修・翻訳は高橋ヨシキ氏が担当

実験都市アートイベント「バーニングマン」

アメリカの砂漠で毎年開催される巨大芸術アートイベント「バーニングマン」の日本初公式作品集が発売中。年々人気が高まっているという「バーニングマン」の世界観、イベントの盛り上がりを楽しむのに最適な1冊だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

アメリカの砂漠を舞台にした巨大芸術たち

「バーニングマン」とは、アメリカ北西部ブラックロック砂漠で毎年、8月の最終月曜日から9月の第一月曜日まで開催される実験都市アートイベントだ。

約7万人もの参加者は「バーナー」と呼ばれ、1週間インフラ整備のない砂漠でサバイバル生活を送りながらブラックロック・シティ(街)を作り、アート作品を制作・展示する。

広大な会場の中心にはアイコンである巨大な人型の建造物「ザ・マン」が屹立し、その周辺には想像性溢れる巨大芸術の数々が設置される。またいたるところに「アートカー」、「ミュータントビークル」と呼ばれる装飾が施された乗り物も出現。会場の雰囲気を際立たせる。

burningman_009
burningman_010

1週間の終わりには、「ザ・マン」をはじめとする作品の多くは燃やされ、参加者の盛り上がりも最高潮に達する。その光景は幻想的の一言。やがて街は解体され、痕跡はまったく残ることなく元の砂漠に戻るのだ。

参加チケットは400ドルほどで、毎年発売から数時間で売り切れる。年々ファンが増え続け、世界的に人気が高まっている。

その「バーニングマン」の巨大アート作品を集めた公式作品集が登場した。300点近い選りすぐりのアートを、圧倒的枚数とサイズで掲載。監修・翻訳はアートディレクター、映画ライターの高橋ヨシキ氏が担当し、作品名・作者・材料・コンセプトなどを詳しく解説する。1年を通じて「バーニングマン」を身近に感じさせてくれる1冊だ。

「バーニングマン」のファンは『マッドマックス』、『スター・ウォーズ』、『デューン/砂の惑星』などの映画ファンと同じ世界観を愛し、思考・嗜好傾向が同じだという。映画関係者、洋画特撮映画ファンにもおすすめしたい作品集だ。

BURNING MAN ART ON FIRE バーニングマン・アート・オン・ファイヤー
サイズ|B4変形判
ページ数|256頁
出版元|玄光社
価格|3400円(税別)
発売中

問い合わせ先

玄光社

http://www.genkosha.co.jp/