祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.19 新澤醸造店 五代目蔵元杜氏 新澤巖夫さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.19 新澤醸造店 五代目蔵元杜氏 新澤巖夫さん

祐真朋樹対談

Page. 1

日本各地で徹底したこだわりを持って酒造りをする醸造家(マスター)を招き、世界でも名高いホテルを舞台に素晴らしい料理と空間で特別な一夜を楽しむ「The Master of Craft Sake」シリーズ。3回目の磯自慢に引き続き、昨年11月中旬パークハイアット東京にて開催された第4回目のゲストは、宮城県の地酒銘柄としてファンを増やし続けている「愛宕の松」や「伯楽星」を醸造する新澤醸造店。会場で蔵元杜氏の新澤巌夫さんに話を伺った。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi (W) Text by ANDO Sara (OPENERS)

料理とともに楽しむ究極の食中酒を造る新澤醸造店

新澤醸造店は明治6年(1873年)に創業後、140年以上宮城県で酒造りを続けてきた歴史ある老舗酒造だ。今回の「The Master of Craft Sake」では究極の食中酒と銘打たれる「愛宕の松」や「伯楽星」をはじめとする日本酒6種類をラインナップ。来場者たちは、このイベントのためだけに用意された「ピーク ラウンジ & バー、バンケット」の森田武二・イベント料理長によるスペシャルペアリングディナーとともに堪能した。

cut21-0075

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 1873年創業ということですが、伝統ある老舗酒造ですね。新澤さんで何代目になるのですか?

新澤巖夫さん(以下、新澤) 2011年に父が亡くなり、私で5代目になります。ちょうど東日本大震災の年で、明治6年建造の蔵を移転するタイミングでした。蔵は倒壊こそ免れましたが、柱や土台が斜めに傾くなど蔵は壊滅的でした。仕込んだばかりだった数万本の酒瓶は割れ、大型タンクで熟成中だった酒もほとんどが廃棄処分となってしまい、言葉通りゼロからのスタートでした。

祐真 想像ができないほどの災害だったと思います。ですがそのように甚大な被害を乗り越えて復興し、さらに新しい発展を築かれているのは素晴らしいです。「伯楽星」をスタートしたのもその頃ですか?

新澤 「伯楽星」を立ち上げたのは2002年ですね。実はその当時、父の代に積み重なった債務などもあり、経営環境は厳しい状況でした。それでもなんとかやってきていた時にあの震災が起きたんです。元あった蔵から約70キロ離れた蔵王というところに製造蔵を建てて、新しい蔵の負債を抱えながらも、今日まで頑張ってくることができました。

cut21-0075
cut21-0075

祐真 なるほど、そうだったのですね。前回の磯自慢さんの回から中田英寿さん主催のこのイベント「The Master of Craft Sake」に参加させていただいているのですが、僕の中で日本酒のイメージがガラッと変わってしまいました。新澤さんはどう思われますか?

新澤 このような日本酒のイベントって、実は海外ではよく開催されているんです。私たちもよく参加させていただいているのですが、逆に言うと日本が少ないんですよね。海外では500ユーロ以上の本格的なイベントが主流なのに比べて、日本で開催されるものは参加費3000円など、パフォーマンスの一環としてのイベントが多いと感じます。そうなると集まる客層も一緒になってしまうので、個人的には1000円のイベントがあっても10万円のイベントがあってもいいのではと思っています。最近では日本酒に目を向けていただくことが多くなってきていることもあり、私たち側としては鍛えられるので、励みにもなりますし。

祐真 海外でこのようなイベントが開催されるようになってどれくらい経つのでしょうか?

新澤 10年、20年とありますよ。いらっしゃるお客さまたちも、確実に興味を持って参加されていますね。日本酒が好きでいらっしゃる方がほとんどです。

祐真 どの国で行われることが多いんですか?

新澤 例えばオーストラリアですね。以前は関税が厳しかったのですが、規制が緩和されて日本酒の輸出量が伸びているんですよ。日本食の人気はもともと高く、一時期ワインなどに合わせて提供されていたレストランも、今では日本酒と合わせるところも増えて来ていますしね。

祐真 日本酒とシーフードの組み合わせも最高ですよね。

新澤 それから日本に対して好印象を持っている国は関税もスピーディなんですよ。時間がかかればかかるほど日本酒の品質が著しく落ちて、現地の人たちにまずいと思われてしまってはいけません。日本酒を美味しいと思って飲んでもらうには、やはり香港や台湾などがてきめんに良いですね。あとは、アメリカやヨーロッパも伸びてきています。

cut21-0075

Page02. 食事に合う、飲み飽きない「食中酒」という新しいジャンル

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …