「エコ・ドライブ Bluetooth」にスーパーチタニウムモデルが登場|CITIZEN

CITIZEN|「エコ・ドライブ Bluetooth」にスーパーチタニウムモデルが登場

Watch & Jewelry NEWS

CITIZEN|シチズン

スマートフォンとリンクするアナログ時計

シチズンの「エコ・ドライブ Bluetooth」にスーパーチタニウム™を使用したモデルが登場。ファッション性と機能性を併せ持つ注目のコネクタブルウォッチだ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

スーパーチタニウムが際立つシャープなデザイン

2016年にシチズンは光発電エコ・ドライブを搭載したスマートフォンとリンクする腕時計「エコ・ドライブ Bluetooth」を限定で発売した。2017年は、この「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズに外装素材スーパーチタニウム™を使用した2モデルが登場する。

スーパーチタニウム™とは、純チタニウムに表面硬化技術デュラテクトを施したもの。これによりステンレスの5倍以上の硬度を引き出すシチズン独自の技術だ。肌に優しく、錆びにくく、また耐摩耗性に優れているため、日常使用による擦りキズや小キズから時計本来の美しさを守る。

デザインはシチズンが長年培ってきた加工技術を駆使した、シャープでエッジが効いたルックスを持つ。そして最も目を引くのが、ベゼルと秒針に使われているブルー、そして6時位置のスモールダイヤルとリューズに使われているオレンジだ。

eco-drive-super-titunium_006
eco-drive-super-titunium_007

ブルーは“Bluetooth”を連想させ、通信技術が搭載されていることとスマートなイメージを演出する。一方、オレンジはリューズで第一時間帯、第二時間帯、クロノグラフ、アラームなどを操作する“機能への誘導”の意味を持つ。

今回は20代後半から30代前半に人気のカーフバンド(TOP画像右)と、30代後半から40代前半に人気のブレスレット(TOP画像左)の2モデルを用意、幅広いコーディネイトに対応する。

2016年モデルと同様Bluetoothを搭載し、スマートフォンとリンクさせることで自動時刻調整や世界316都市への時刻修正が可能。通知機能も備え、電話やメール、SNSのメッセージ着信を「針の動き」「音」「振動」でユーザーに伝える。

光発電エコ・ドライブが太陽光やわずかな部屋の光を電気に変え、時計を駆動させる。フル充電すれば、最大約4年可動(パワーセーブ作動時)。定期的な電池交換やケーブルによる充電の必要はない。

スーツスタイルはもちろんカジュアルにも合わせやすいファッション性、そして「エコ・ドライブ Bluetooth」の高い機能性を両立させた。2017年注目のアイテムだ。

シチズン エコ・ドライブ Bluetooth スーパーチタニウムモデル
ムーブメント|Cal.W770
ケース径|約44.4mm
厚み|約14.0mm
ケース|スーパーチタニウム™
バンド|スーパーチタニウム/カーフ
ガラス|サファイアガラス
発売日|2017年3月9日(木)
価格|【カーフ】8万5000円 【スーパーチタニウム】10万円 (ともに税別)

問い合わせ先

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807(受付時間9:30~17:30 月曜~金曜 ※祝日除く)