ほどけそうなリボンは奔放さの証。ショーメの新作コレクション「Insolence」発売|CHAUMET

CHAUMET|ほどけそうなリボンは奔放さの証。ショーメの新作コレクション「Insolence」発売

Watch & Jewelry NEWS

CHAUMET|ショーメ

“結んでほどける”奔放なコレクション

1780年に創業したフランス・パリのジュエラーCHAUMET(ショーメ)が、新作コレクション「Insolence(アンソランス)」発表。3月4日から販売を開始する。ダイヤモンドとピンクゴールドが紡ぎ出すリボンモチーフが、センシュアルで快楽的なムードで装いに遊び心を添える。

Text by SHIMOJO Shingo

カレン・コリンズが撮影した官能的なビジュアルにも注目

インスピレーションの源となったのは、王妃マリー=アントワネットのリボンや、ベルエポック時代の宝石で彩られたガーランド。アンソランスは、ショーメが通常のコレクションで表現している「永遠の絆」や「本物の愛」といったエターナルなイメージとは対照的に、今にもほどけそうなリボンが気まぐれで奔放な女性像を想起させる。

02
04

アイテムは、ネックレスやリング、イヤリング、ブレスレット、ブローチと豊富にラインナップ。一見クラシックな雰囲気でありながら、アシンメトリーでルーズなフォルムからは他愛のない“危うさ”が漂う。

コレクションの展開にあたり、ニューヨークを拠点に活動するフォトグラファーのカレン・コリンズ氏が写真を撮影した。一糸纏わぬモデルにジュエリーをあしらったアヴァンギャルドなビジュアルにより、コレクションの官能性が美しく表現されている。

Bague-Insolence-2-vue-1
082965-Collier-Insolence--R1
BO-Insolence
問い合わせ先

ショーメ

Tel.03-5635-7057

http://www.chaumet.jp

http://www.facebook.com/chaumet.japan

https://www.instagram.com/chaumetofficial