銀座並木通りの直営ブティックについて、ジャガー・ルクルトCEOが語る|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|銀座並木通りの直営ブティックについて、ジャガー・ルクルトCEOが語る

WATCH&JEWELRY FEATURES

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト

本物であること、その安心感を
これからも変わることなく提供していく(1)

昨秋、日本初のジャガー・ルクルトの直営ブティックが、東京・銀座の並木通りに誕生した。スイスの多くのブランドが直営店をオープンさせているなかで、ついにジャガー・ルクルトも店舗展開に乗り出す。このインタビューでは、ダニエル・リエドCEOにその意気込みを語ってもらった。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

時計には哲学ありき。その哲学を発信するのがブティック

――日本にはジャガー・ルクルトを古くから扱う時計店が豊富にあるなかで、今一度、直営店を出展する意義を教えてください。

マルチブランドの時計店ではむずかしい、ブランド独自のメッセージを発信するためです。

ここ最近、お客さまは自分だけのオリジナルモデルを欲する傾向があります。例えば、我々が提供しはじめた「アトリエレベルソ」というサービス。このサービスはカスタマイズという価値を提供するもので、文字盤の色などを自由に組み合わせることが可能です。ここでは自分が選んだ個性的なモデルを作ることができるのです。

02
03

レベルソはもともと反転ケースの裏側にエングレーブをすることができました。しかし現在のレベルソは両面に文字盤が付いています。そこで裏側の文字盤の色、ストラップをビスポークできるようにしたのです。

女性向けにはクリスチャン・ルブタンがデザインした文字盤を選択することも可能です。この提携は期間限定。彼との提携理由をしばしば聞かれるのですが、この提携については私達の発想にないものをユーザーに提供したいという思いから、実現に至りました。

――レベルソの話が出たので、ちょっと脱線させてください。先ほどから気になって仕方がないのですが、今日も素晴らしい時計をなさってますね。

04

(笑)ジャガー・ルクルトの最も複雑なコレクション“ハイブリス・メカニカ”から、ジャイロトゥールビヨンを備えた最新モデル「ジャイロトゥールビヨン4」です。トゥールビヨンは3軸で回転しています。この3軸で回転させているだけでも非常に複雑な機構なのですが、さらにこのモデルではトゥールビヨンが宙に浮かんでいるように見せています。実はケージの外側でセラミックボールのベアリングを用いて回転させているのです。

ジャイロトゥールビヨン自体は2軸で回転しています。このモデルは精度をさらに安定させるために、これまでよりも回転速度を速めています。1分間に1回転と、16秒で1回転。かつては1分間に1回転と、24秒で1回転でした。

また、ひげぜんまいは球体型から半球体へ。軽量化を図るため、ケージはチタン素材を採用しています。

――なるほど。すみません、話を戻しますね。直営店を設営するにあたり、「空間づくり」「接客方針」「品揃え」の観点において、こだわった事柄を教えてください。

空間づくりについては、店舗中央にショーケースを設置したことが挙げられます。通常の店舗は壁面に置かれることが多いと思いますが、この方が時計をご覧になりやすいのではないかと思っています。

またVIPのお客さまをお迎えするために、奥に専用スペースを用意しています。

Page02. 直営ブティックには技術者も常駐する