ブラッド・ピット×ロバート・ゼメキスが贈る感涙のラブストーリー『マリアンヌ』|MOVIE

MOVIE|ブラッド・ピット×ロバート・ゼメキスが贈る感涙のラブストーリー『マリアンヌ』

(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

MOVIE TOKYO Tips

MOVIE|ブラッド・ピット×ロバート・ゼメキスが贈る

感涙のラブストーリー『マリアンヌ』

ハリウッドを代表する俳優ブラッド・ピット主演最新作は名匠ロバート・ゼメキスとの待望の初タッグ。世界的に活躍する実力派マリオン・コティヤールが謎めいた妻マリアンヌを演じる。時代に翻弄されながらも愛する人を信じて運命に立ち向かうマックスとマリアンヌが繰り広げる切ないラブストーリー『マリアンヌ』は大ヒット上映中。

Text by OPENERS

72時間以内に疑いを晴らせなければ、妻の命をこの手で奪わなければならない

前作、アンジェリーナ・ジョリーと最後の夫婦共演として話題になった『白い帽子の女』に続き、苦悩の夫役を演じるブラッド・ピット。最新作では『フォレスト・ガンプ/一期一会』でアカデミー賞®監督賞を受賞し、近年もその円熟した表現力によって寡作ながらも良作を作り続けている名匠ロバート・ゼメキスと待望の初タッグを組んだ。

00
05

本作は、戦争時代、時代に翻弄されながらも愛する人を信じて運命に立ち向かうマックスとマリアンヌが繰り広げる切ないラブストーリー。

ある使命をもって、カサブランカで出逢った二人が、ドイツ大使の暗殺任務を遂行するべく夫婦を装う英国諜報員マックスと仏軍のレジスタンス、マリアンヌは、死線をくぐり抜けるうちに互いに心ひかれ、任務遂行後に結婚。子どもを授かり幸せな夫婦生活を送っていたが、マリアンヌに2重スパイの容疑がかかったことから、夫婦の間には疑念が立ち込める。72時間以内に、疑いを晴らせなければ、妻の命はこの手で奪わなければならない――。夫が、妻の疑惑を晴らそうと翻弄し、苦悩する姿は胸を締め付けられる。

04
08

愛する妻マリアンヌは何者なのか――? 冒頭から“謎めいた女マリアンヌ”を演じるのは、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』でアカデミー賞®主演女優賞に輝き、世界的に活躍する実力派マリオン・コティヤール。スパイとして夫婦を演じるマックスに、「フランスの夫婦では〜」と、キスや作法を教え込むマリアンヌをとても魅力的に演じている。赤ずきんのようにフードをかぶり、夫に向かってフランス語で「愛してる」と呟くラストまで、彼女の本心は見えないのがもどかしくも心を惹きつけられる。

また、『白い帽子の女』での飲んだくれのダメ夫ながら妻を愛する夫役のブラッド・ピットも素敵だったが、本作『マリアンヌ』では、真面目に働いて国に忠誠を誓いながらも、妻の疑惑を晴らすために走り回る夫役も惹きつけられた。英語とフランス語が混じり合うマリオン・コティヤールとの会話にも注目してほしい。

『マリアンヌ』
公開|大ヒット上映中
出演|ブラッド・ピット 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『マネーボール』
マリオン・コティヤール 『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』
監督|ロバート・ゼメキス 『フォレスト・ガンプ/一期一会』『フライト』
原題|「ALLIED」