Lexus International President 福市得雄氏にインタビュー|Lexus

Lexus International President 福市得雄氏にインタビュー|Lexus

CAR FEATURES

Lexus|レクサス
Lexus International President 福市得雄氏にインタビュー

常に人間が中心にあるべき

1月に開催された北米自動車ショーにおいて新型「LS」を発表したレクサス。なにかとSUVがもてはやされる昨今において、レクサスはセダンをどう位置づけているのだろうか。そして、先進的安全技術や自動運転が注目されるなか、今後レクサスはいかなるクルマをつくっていくのか。同ブランドを率いるLexus International Presidentの福市得雄氏にインタビューした。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

スピンドルグリルは自然に出来上がった輪郭

1月にデトロイトで開催されたばかりの北米自動車ショーで、新型「LS」が公開されて話題になっているレクサス。日本でも「IS」をはじめとする既存車種のテコ入れで魅力が増すなど2017年は話題性がたっぷりだ。

大型ラグジュアリークーペの「LC」や、販売絶好調の「RX」や「NX」というSUV系もレクサスブランドを構成する重要なカテゴリー。昨今のトレンドでもある。でもやはり魅力的なセダンを作ってくれてこそファンとしては嬉しいもの。

マイナーチェンジで走りの質を高めたと謳われる「IS」の試乗会を舞台に、Lexus Internationalの福市得雄プレジデントにレクサスセダンについて、今後のありかたを含めて語ってもらったインタビューをお送りする。

――今回プレスリリースで「レクサスの走りを象徴するFRスポーツセダン」を謳うISのマイナーチェンジがあり、北米自動車ショーでは5代目になる新型LSの発表もありました。米国や日本ではSUVがトレンドの感もありますが、セダンに対する思い入れは?

「セダンかSUVかという選択はないのではないかと思っています。セダンにはSUVでは味わえないスポーティな操縦性の可能性があります」

Lexus International プレジデント 福市得雄氏にインタビュー|Lexus

Lexus LS

Lexus International プレジデント 福市得雄氏にインタビュー|Lexus

Lexus IS

――SUVもポルシェ「マカン」などはスポーツセダン顔負けの走りをしますが。

「スタイリング的な魅力も忘れてはならないと思います。ポルシェの例でいうと「パナメーラ」。私はこのクルマはSUVにはない魅力的な内容を持っていると思います。もちろん走りを含めてです」

――LEXUSも同じですか。

「はい。低重心によるスポーティなハンドリングという点ではSUVよりセダンに分があると思いますし、大胆なスタイリングコンセプトもセダンには未知の可能性があるのではないでしょうか。パナメーラはそこをうまく掘り起こしたモデルです」

――新しさを作っていくなかでレクサスを象徴しているスピンドルグリルの扱いはどうなっていくでしょうか。

「スピンドルグリルは空力的に造型された車体のとんがっている部分を結んで孔を空けたとでもいうべき、自然に出来あがった輪郭なのです。他社との差別化しか考えていなかったら説得力のない造型になってしまいますが、この考え方でいけばて古くならないと思っています」

FCV(燃料電池車)が増えたりする未来にLEXUSはどう対応していくのだろう。