トヨタの最新コンパクトSUV「C-HR」に試乗|TOYOTA

トヨタの最新コンパクトSUV「C-HR」に試乗|TOYOTA

CAR IMPRESSION

TOYOTA C-HR|トヨタ C-HR

トヨタの最新コンパクトSUV「C-HR」に試乗

プリウス以上ともいえる出来のよさ

2014年のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「C-HR Concept」のイメージを色濃く残す斬新なスタイリングが特徴のコンパクトSUV「C-HR」。OPENERSではプロトタイプの試乗記はすでに掲載済みだが、このたび生産モデルを試乗する機会に恵まれた。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

トヨタニューグローバルアーキテクチャー(TNGA)採用第2弾

トヨタの世界戦略モデルともいえる「C-HR」。個性的なスタイルが目を惹くが、しっかりした走りも魅力である。いいクルマを作ると意気込みをみせるトヨタ肝煎りのSUVなのだ。

2016年12月14日に発売されたトヨタC-HR。プロトタイプの試乗記は既報ずみだが、量産車に乗ることができた。

C-HRは「プリウス」と基本プラットフォームを共用したSUVだ。全長は4,360mmとコンパクトだが、全高は1,550mm。存在感がある。ディメンションだけでなく、ディテールまで凝ったスタイリングが際立ったキャラクターとなっている。

エンジンからみたラインナップは2つ。1.2リッター4気筒ガソリン搭載モデルと、1.8リッター4気筒エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルだ。前者は4輪駆動となる。

TOYOTA C-HR|トヨタ C-HR
TOYOTA C-HR|トヨタ C-HR

C-HRの特徴は「ディスティンクティブ」とメーカーが定義するスタイリングにある。際立つという意味の英語だ。観る時間帯や車体色によって印象はだいぶ異なるが、夕方など張りのある面と大胆なラインが大きく目を惹く。

それだけではない。C-HRはトヨタ自動車の開発陣にとって記念碑的な存在であるという。

トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー(TNGA)と呼ばれる新世代のクルマづくりプロジェクトによって開発されている。それが記念碑的存在の理由だ。第一号はプリウス。ほぼ並行して開発されたC-HRはさらに徹底した作り込みがなされたと謳われる。

TNGAは簡単に説明するのがむずかしい概念で、理想的なクルマを作るために、各部署が横のつながりをもってプラットフォームを開発することが含まれる。

「これがその結果です」と開発者に言われて乗り出したC-HR。走り出したら降りたくなくなる魅力があった。