1・5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗|BMW

1・5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW 318i|ビー・エム・ダブリュー 318i

1.5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗

コストパフォーマンスで選ぶなら318i (2)

3シリーズの上質感がちゃんとある

1.5リッター3気筒エンジンを載せた318iははたして期待に高いレベルで応えてくれるモデルだった。最初に感心するのは出足のよさだ。1,250rpmから最大トルクを出し始める設定のためごく低回転域でも力がしっかりある。

3気筒に装着されているのはツインスクロールでなくフツウのターボチャージャー。低回転域を重視したセッティングで効きはナチュラルだ。なめらかにアクセルペダルを踏み込んでいくとスムーズな加速を味わわせてくれる。べつの言葉で表現すると、意外なほど速い。

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

318iのエンジンは1,498ccの3気筒で100kW(136ps)の最高出力を発生

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

3気筒ユニットはサイレントシャフトが組み込まれており、走行中の振動も騒音も低く抑えられている。乗り心地はけっして悪くなく、すべての相乗効果で、318iには3シリーズに期待する上質感がちゃんとあるのが印象に残る。

ドイツをはじめとする欧州では高速道路などでいちど速度に乗ってしまえば、強い加速性能はそれほど必要ない。3シリーズも伝統的に小さなエンジン搭載モデルが用意されてきた。

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

トランスミッションは8段オートマチック(MTの設定は発表されていない)で後輪を駆動

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

318i Sportにはオプションのダコタレザーシートが備わる(29万2,000円)

エンジンが小さいからドライビングの楽しさが失われてしまうのはBMWの望むところではないはずである。318iのステアリングホイールを握ると、パワフルなエンジンを搭載したモデルと通じる味のようなものをちゃんと感じる。しかもステアリングホイールを切ったときのノーズの動きは明らかに軽くて気持ちがよい。これは3気筒のメリットだろう。

ひとつだけ4気筒や6気筒と違うところは高回転域だ。4,500rpmを超えたあたりからのパワー感ではさすがに負ける。すばやい加速感でもやはり劣る。ただし3シリーズに乗っていてレッドゾーン手前のぎりぎりのところを使っている人はどれだけいるだろう。そういう人は4気筒以上のモデルにしたほうがいい。そうでないなら318iでも充分楽しめる。やや逆説的なホメ言葉である。