祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.17 『PLEASE』編集長 北原徹さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.17 『PLEASE』編集長 北原徹さん

祐真朋樹対談

Page. 1

今回のゲストは2016年3月に創刊した雑誌『PLEASE』編集長の北原徹さん。『PLEASE』は創刊号からコム デ ギャルソン オム プリュスを特集し、2号連続でポーターとコラボレーションしてバッグを制作するなど大きな話題を集めるファッション誌だ。撮影から編集まですべてを自身がディレクションしていることでも注目されている。立ち上げのきっかけとなったエピソードを交えながら、北原編集長のマガジニストとして『PLEASE』に懸ける想いを探った。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi (W)

『Olive』のような雰囲気でメンズ雑誌を作りたかった

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 2016年3月の創刊から4号目を数えますが『PLEASE』、とてもいい展開になっていますね。

北原徹さん(以下、北原) おかげさまで、ありがとうございます。

cut1-0308

祐真 立ち上げたきっかけはなんだったんですか?

北原 15年ぐらい前から自分で何かやってみたいなと思っていたんです。まだリニューアルする前の『POPEYE』編集部にいた頃でしたね。当時からとにかくいろんな実験をしてみたくて、4×5のカメラ(大判カメラ)を買って自分で撮影してみたりして。まだまだフィルムが使える環境だったので、試せることは何でもしたかったんです。

祐真 懐かしいですね。

北原 雑誌がどんどんカタログ化していくような時代で、祐真さんと一緒にリニューアルを手掛けた『POPEYE』では、世界に通用するファッション誌を目指せたとても良い経験でした。多くのビッグメゾンが『POPEYE』に載りたいと言ってくれていたので。同時に、自分で何か『Olive』のような雑誌を作ってみたいって思うようになっていったんです。

祐真 確かに『PLEASE』には『Olive』のような世界観がありますよね。

北原 キャリアとしてはメンズ誌が長いので、1号目は『POPEYE』の流れでメンズブランドを特集したのですが、作っている最中にはすでに『Olive』のような女性誌がやりたいと思っていました。

祐真 『an an』編集部も長くなかったっけ?

北原 『POPEYE』のほうがちょっと長いんですよ。8年ちょっと在籍していたので、やっぱりメンズのほうが得意は得意なんですよね。

祐真 だけどやりたいのは『Olive』だったと。

北原 まさしくそうですね。雑誌を作るなら絶対に『Olive』だと思っていたんです。

cut1-0308
cut1-0308

祐真 何か思い入れがあったんですか?

北原 好きだったんですよ。可愛いというのは良い言葉だなとずっと思っていました。スタイリストの近田まりこさんや西野英子さん、ヘアメイクの新井健生さんが全盛期だった頃の。

祐真 新井さんとはよく仕事していたもんね。それが『PLEASE』2号目や、SUMIREちゃんと遠藤新菜ちゃんが表紙の『PLEASE』3号目につながるのかな?

北原 『装苑』専属モデルと『ノンノ』専属モデル、夢の共演です!彼女たちをモデルに、わかりやすい“可愛さ”を表現しました。でも彼女たちの写真を見ても『PLEASE』を女性誌とは思いませんよね。メンズだけど『Olive』っぽい雰囲気で作りたいと思ったんです。

祐真 面白いよね、展開が。

北原 まぁ、行き当たりばったりではありますけど(笑)。カルチャー色が強いですよね。

祐真 代表で、編集長で、写真も撮って。やっぱり、大変でしょう?こういう道をあえて選んだのはなぜなんですか?

北原 お金もないですしね(笑)。この前ゲストでラジオに出たのですが、最近買ったものは?と聞かれて、特に買ってないなと思いつつ、あ、『PLEASE』だ、と(笑)。

祐真 大きな買い物ですよね。

Page02. 100%マガジニストだけでできている『PLEASE』

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …