萩原輝美 連載 vol.160|パリ進出を狙う、気になる3メゾン

萩原輝美 連載 vol.160|パリ進出を狙う、気になる3メゾン

萩原輝美のファッション・デイズ

リアルなモード服をデザインする――シアタープロダクツ
新しい量感とスタイリングに挑む――ミントデザインズ
ベーシックアイテムをエレガントに仕上げる――ビューティフルピープル

2017年春夏 東京コレクション

ストリートファッションにエレガンスを加え、大人モードに変身している東京ブランドが増えています。
パリ進出を狙う気になる3メゾンを紹介します。

Text by Terumi Hagiwara

リアルなモード服をデザインする――シアタープロダクツ

シアタープロダクツ(デザイナー武内昭、森田美和)は毎シーズン、プレゼンテーションの手法を変えて発表しています。17年春夏はギャラリーにモデルとマネキンが一列に並びました。鮮やかな色、力強い柄、流れるカタチが目に飛び込んできます。アフリカンプリントやバティック柄など民族的な服なのに洗練されています。テーマは「GOLD MINE」(宝の山)。ある人にはゴミでも人によっては価値を見出せる宝の山になる。古着をカストマイズするイメージでクチュール服に仕上げています。ストールやアクセサリーの合わせ方にユーモアとセンスが光ります。街中を楽しく闊歩したい服です。

新しい量感とスタイリングに挑む――ミントデザインズ

ミントデザインズ(デザイナー勝井北斗、八木奈央)はいつも軽快なコレクションですが、今シーズンはぐっと大人モードになりました。量感あるパーカーやニットもゆるすぎずプリントやジャガードでエレガントに仕上げています。袖やボトムスをレースアップして布の遊びを加えるドローストリングにはスニーカーの組ひもを使っています。布のたわみ、ドレープの服を重ねる新しいスタイリングが揃いました。

ベーシックアイテムをエレガントに仕上げる――ビューティフルピープル

ビューティフルピープル(デザイナー熊切英典)は来シーズンから発表の場をパリに移すため、今回最後の東京コレクションとなりました。パジャマパンツやコンビネゾンなどトレンドアイテムが並ぶ中、お気に入りアイテムはレースのフレアーパンツです。ローゲージのニットと合わせて着こなしたい。16年春夏、レースのロングスカートは出尽くしましたが来春はレースパンツが新鮮です。トレンチベースのノースリーブドレスやフィルクッペ(カットフリンジ)のパンツも話題になりそうです。きれいめに着こなすのが旬です。次回パリでの発表が楽しみです。

萩原輝美

萩原輝美|HAGIWARA Terumi
ファッションディレクター
毎シーズン、ニューヨーク、ミラノ、パリ・プレタポルテ、パリ・オートクチュールコレクションを巡る。モード誌や新聞各誌に記事・コラムを多数寄稿。セレクトショップのディレクションも担当。
オフィシャルブログ http://hagiwaraterumi-bemode.com/