2017年版ピレリカレンダーが登場|Pirelli

2017年版ピレリカレンダーが登場|Pirelli

CAR FEATURES

Pirelli|ピレリ

2017年版ピレリカレンダーが登場

真の美しさとはなにか。それを表現したかった(2)

Text by OGAWA Fumio

ここから新たにすべてが始まる

ピレリ・カレンダー2017年のお披露目は、パリで3つのステージで行われた。最初はバンドーム広場のホテル、リッツ・パリでの小さなインタビュー。次にフォーブルサントノレ近くのオテル・ド・サロモン・ロチルド(ロスチャイルド)庭園で大きな記者会見。そしてしめくくりは、パリ郊外の大きなムービー撮影スタジオ、ラ・シテ・デュ・シネマを会場にした壮大なガラパーティである。

「私にとってピレリ・カレンダーの仕事は3回目になります。この話をもらったとき、私は友人でもある(ピレリ副会長の)トロンケッティ氏に尋ねました。“自分の信じるやりかたで美を表現していいか”と。彼は“もちろんやってほしい”と応えてくれました。私はこのところずっと思ってきたのです。美というと一般的に広告やグラビアで見かけるものを思い浮かべがちですが、それは一瞬で消費されてしまいます。そうではないところに本当の美があるのだと私は信じています。それを女優たちで表現したかったのです」

1944年にドイツで生まれたピーター・リンドバーグは記者会見の席上で熱く語った。配られたプレスリリースを読むと、リンドバーグがニコル・キッドマンを撮影するのは今回が初めてだったそうだ。「撮影が進むとニコルは私に向かって、“こんなふうにいままで私を撮った人はいないわ。こんなふうに私を表現したひともいない。とってもすばらしいわ”と言いました」。リンドバーグの回想が記されている。

ユマ・サーマン
s_06_JULIANNE_MOORE

実際にニコル・キッドマンは、ヘレン・ミレンとユマ・サーマンとともに記者会見の会場に登場した。おもしろかったのは全員が一様に「びっくりしたわね」と口にしたことだ。

「そこからそこまでちょっと歩いてみてってピーターに言われたの」と語るのは、エリザベス女王の姿がいまも二重映しに見えてしまうヘレン・ミレンだ。ウィットにとんだ語り口がさすが英国のベテランと思わせる。

「そうしたらすぐに“はい、オーケイ。もういいよ”ってピーターが。“なにが?”と聞けば、“もう撮れた”っていうじゃない。え? 私は最初ピレリのカレンダーの話が来たときに、濡れたような唇と真っ黒なマスカラのメイクと、それにヌードだと思っていたのに(笑)。おもしろかったわ」

リンドバーグとの友人関係が深そうなユマ・サーマンが親しげで優しい目線をこの写真家に送りながら、ミレンの言葉をひきとった。

「でもすごく難しかったわ。ふつうにしていていいっていうのは」

そうそう、とニコル・キッドマンがうなずく。

「私たちは女優だから自然と演技をするんだけれど、素のままでいてくれって言うのはどういうことなんだろうって、戸惑いました。これは文化的な転換点かもしれません。ピーターが最終的にこういう美の表現にたどり着いたというより、ここから新たにすべてが始まるんだと私は思っています」

あいにくピレリ・カレンダーは非売品である。その一部はここで見ていただきたい。