自然の美しさを陶器に表現する岡崎裕子展「PETAL 花びらの器」が開催|ART

ART|自然の美しさを陶器に表現する岡崎裕子展「PETAL 花びらの器」が開催

©︎Yuko Okazaki, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

ART TOKYO Tips

ART|小山登美夫ギャラリーでの3度目の個展

立体的な花びらの装飾が華やかさを演出

陶芸家岡崎裕子氏の個展「PETAL 花びらの器」が小山登美夫ギャラリーで開催。花をモチーフにした装飾を纏った美しい作品に注目だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

200点余りを一堂に展示

岡崎裕子氏の陶芸作品は、草花や虫、季節の移ろいなど自然の美しさへの感動を表現した、アールヌーヴォーの精神にも通じる。

柔らかな白釉(はくゆう)に施されたのびやかに羽ばたくトンボのレリーフなど日常の生活に馴染みつつも優美でモダンな作品は、日々の暮らしを丁寧楽しむことを思い出させる。

この度、小山登美夫ギャラリーにて岡崎裕子展「PETAL 花びらの器」が開催される。立体的に表現されたPETAL(花びら)の装飾が施され、200枚もの花びらを纏った鉢や、花に舞う蝶のような、白地に金彩を施した器など200点余りを一堂に展示する。

petit_002

©︎Yuko Okazaki, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

petit_003

©︎Yuko Okazaki, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

今回は今までの作品にもたびたびあしらわれてきた花のモチーフのディテールをさらに追求し、「幼い頃に見た花の記憶を辿りながら、指紋が残るほどしっかりと一枚一枚自分の指で作った」と岡崎氏は語る。

また「器の中に広がる世界に、体中で飛び込んでいくような、とても楽しく不思議な体験だった」と岡崎氏が言うように、生き生きと立ち上がる花びらが、ドレスを飾る繊細なレースのように器を彩る。

岡崎裕子
1976年、東京都生まれ。イッセイミヤケにて広報として勤務した後、茨城県笠間市の陶芸家・森田榮一氏に弟子入り。5年の修行期間を経て、2007年に独立。現在は海と山に囲まれた自然豊かな横須賀に自宅兼陶房を構え、制作活動に勤しんでいる。

岡崎裕子展「PETAL 花びらの器」
会期|2016年12月21日(水)~2017年1月19日(月) ※12月31日は18:00まで、2017年1月1日は休廊
時間|11:00~20:00
入場料|無料
会場|8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F

問い合わせ先

8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY

http://www.hikarie8.com/artgallery/