泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 京都店」がオープン|LOUNGE

LOUNGE|泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 京都店」がオープン

LOUNGE NEWS

BOOK AND BED TOKYO|ブック アンド ベッド トウキョウ

東京・池袋に次ぐ2店舗目

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」の第2店舗が京都・祇園にオープン。地ビールが楽しめるバースペースも完備し、最高の“寝落ち”体験を味わえる。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

地ビールが楽しめるバースペースを完備

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」は、ここにはふかふかなマットレス、低反発枕もなければ、軽く温かな羽毛布団もない。最高な環境での良い寝心地はここにはないのだ。

読書をしていて気が付いたら寝てしまった、そんな誰もが一度は経験したことがあるであろう「寝る瞬間」の体験を提供することが「BOOK AND BED TOKYO」のコンセプト。泊まれる本屋と称しているが、本は販売していない。「寝る瞬間」にフォーカスを当てた新しい形態のホステルだ。

2015年に東京・池袋に第1店舗をオープン。東京の新しいカルチャーとして国内外のメディアに取り上げられ、ユーザーからも高い評価を得ている。

book-and- bed-tokyo_002
book-and- bed-tokyo_007

その第2店舗目となる「BOOK AND BED TOKYO 京都店」を京都・祇園にオープンした。場所は京阪電鉄「祇園四条」駅から徒歩3分という好立地。このエリアはファッション、カルチャーの発信地でもあり、周辺には多くの店舗が軒を連ねている。

京都店の最大のハイライトは、「BOOK AND BED AND BEER」というバースペースが設けられ、京都近郊の地ビールを楽しめることだ。

また東京でも好評を博したパジャマブランド「NOWHAW(ノウハウ)」デザインによるオリジナルパジャマを京都店用に新たに開発。毎月8のつく日をパジャマの日と題し、宿泊者向けレンタルを数量限定にて実施する。

book-and- bed-tokyo_006
book-and- bed-tokyo_010

池袋店と同様、店舗空間のグラフィックデザインを「Soda design」、内装デザインを「SUPPOSE DESIGN OFFICE」が担当。館内の中央には最大約5000冊収納可能な本棚が島のように配置された。また本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中に眠るような空間を作り上げた。

ブックセレクトは新たに京都・一乗寺にある“本にまつわるあれこれのセレクトショップ”の「恵文社一乗寺店」が担当している。

京都という歴史と文化が根付いた街の中心で、寝落ちする幸福な感覚をぜひ体験してみてほしい。

BOOK AND BED TOKYO 京都店
営業時間|(デイタイム)13:00~17:00 ※予約不可、シャワーの利用不可 (宿泊)チェックイン16:00~22:00 チェックアウト翌11:00まで
利用価格|4800円~ ※支払いはクレジットカードのみ
住所|京都府京都市東山区中之町西入ル200 カモガワビル9F

問い合わせ先

BOOK AND BED TOKYO

http://bookandbedtokyo.com/