ストリートエシカルの発信地にかける想い|REBIRTH PROJECT

REBIRTH PROJECT|ストリートエシカルの発信地にかける想い

SPECIAL INTERVIEW

REBIRTH PROJECT|リバースプロジェクト

リニューアルしたGIVE LIFEの存在意義

25年間ものあいだ、原宿で「地球に命を与える」をコンセプトにお店を構え続けてきたGIVE LIFEと伊勢谷友介氏が代表を務め、「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」をコンセプトに様々な取り組みを行うREBIRTH PROJECTが手を組んだプロジェクトがこのたび始動。その一環として、今年10月にGIVE LIFEのショップをリニューアルオープン。両者が共鳴するテーマの”エシカル”を体現する居場所ともなったこの場所に、込められた想いとは。今回は特別にREBIRTH PROJECTの主要メンバー3人に話を聞いた。

Photographs by KASHIWADA TetsuoInterview & Text by NOMURA Yuho

エシカルな活動を流行りにするのではなく、文化にしていきたい

――まずはじめに、REBIRTH PROJECTといえばさまざまな社会貢献活動を行うことで知られていますが、現在は具体的にどんな活動をされているのですか?

伊勢谷友介(以下、伊勢谷) そうですね。衣食住にまつわることをそれぞれ事業化して、プロジェクトにしています。

龜石太夏匡(以下、龜石) 僕の方で、まず食の部分に触れさせてもらうと、まずフードロスという問題があります。現在の日本では、単純に食べ残しや販売システムに関する規定から外れてしまったモノに対する廃棄がとても多く、その量は平均して生産量の1/3を占めるんです。そしてそこにかかるコストは年間で約70兆円。これって数字としても大きな問題ですし、世界中で食料を必要としている人へ援助している量の約半分ほどなんですね。そうした問題を目の前にして僕らは、まず高知県で発生した廃棄食材を一般市場ではなく、企業の社食などで活用してもらおうと考えた。そこから得た利益に関しては、また高知県へ戻し、フードバンクというシステムの中で子供たちの未来につながるボランティアなどの活動に役立ててもらうようにしているんです。こうしたプロジェクトがいずれは一つのビジネスモデルとなって、大きな社会問題も同時に解決していくと考えています。

08
14

大釜翼(以下、大釜) 僕の方からは衣の部分として、全日本制服委員会という名のプロジェクトについてお話させていただきます。企業の制服やユニフォームというのは、どうしても価格競争の渦に飲まれてしまい、生産側にもその影響が及んでしまうんです。一方で依頼している企業側としても買い換えるサイクルが早まり、負のスパイラルが生じてしまっています。そこで僕らとしては、企業からのヒアリングを通し、よりアイデンティティを感じられ、なおかつエシカルな素材にこだわったモノ作りを行っていこうと考えているのです。2020年の東京オリンピックまでに1000万人の制服をエシカル化することを目標にしています。

龜石 住に関しても、現在大塚家具さんとの取り組みで、使われなくなった家具に新たな価値を与えるようにリサイクルの新しい形を探る活動も行っています。これらはニューリサイクルという名で新たなプラットフォームとして、様々な団体や企業が賛同してくれるようなシステムともなっています。

――ありがとうございます。そんな活動の中で今回の取り組みを行うこととなった、きっかけを教えていただけますか?

大釜 このGIVE LIFEというお店自体は、25年前にこの原宿に誕生して以来、一貫して変わることなく”エシカル”をコンセプトに様々なカルチャーを発信してきました。そしてその翌年にはPIED PIPER(龜石太さんと二人の兄が手掛けた渋谷・並木橋の小さなショップ)もオープンし、そうしたタイミングもあって、共に共鳴し合うテーマを志す同士、自然と協業を行うこと決まりました。

龜石 REBIRTH PROJECTに関して言えば、伊勢谷と出会い、共に映画を作ったりする中で親交が生まれ、少しずつREBIRTH PROJECTとして活動をするようになっていきました。僕らとしてはその活動を通して、社会全体を対象にしていく中でどのようにして継続的な未来を創っていくかを常に考えていたんです。そして現在もプロジェクトの核となっている”リバースヴィレッジ”が大きなコンセプトになっていたんです。もちろん慈善事業としてではなく、しっかりとしたビジネスとして捉えながら。はじめはTシャツ作り、それからLee Japanとの協業でプロダクトの再生事業を行ったりしてきました。それはエシカルなどの言葉が生まれる前の時代でした。そんな取り組みを様々な視点から行っていく中で、GIVE LIFEの代表である早川さんとお会いする機会があり、エシカルな活動を流行りにするのではなく、文化にしていきたいという話しをすることができて、その先駆けとしてお店作りから始めたというのが、今回の取り組みですね。

14

そのためにはコミュニティとして発展させていく

――龜石さんがエシカルな取り組みに目覚めたきっかけはなんだったのでしょうか?

龜石 これは伊勢谷ともずっと話していたことでもあったのですが、過去の題材をテーマにして映画を作っても、それって未来へのメッセージにしかならないんですよね。未来を語ったところでどうしても社会課題から逃れられないということに気付いてしまった。その先送りになった問題というのは間違いなく自分たちの世代やその子供の世代に影響していくと思うんです。個人レベルではやれたとしてもそれが社会レベルになるとなかなか実現できない。そこにジレンマを感じたんです。概念的な問題だからこそ、僕らは形として示す必要があるなと。

――そうした想いが現在では区や地域のコミュニティを巻き込んだ活動としても大きく発展していますよね。

龜石 エシカルという言葉が現在のように認識される以前から、その概念自体は日本人は皆持っていたと思うんです。そこからどう文化として広げていくかを考えたときに、衣食住にまつわる人たちも含め、沢山の賛同を得ながらコミュニティとして発展させていく方法が正しいと思ったんです。それが例えばファッションの分野だったり、こうして雑誌などの紙面を通してでも良いと思うので。

08
14

――そういった意味ではポートランドは先進的でもあるんですかね。リビルディングセンターのようなショップもありますし。

伊勢谷 ポートランドには以前から興味があったので、数年前に行きました。廃材や古材を売るリサイクルショップですよね。それを日本でもやってるんですか? それは知らなかった。そうした活動を地道にやられているというのは良い事ですよね。

――また原宿という街を拠点としている以上、この街にやってくる沢山の若者にもこの取り組みを知ってもらうための工夫なども考えていたりするのですか?

伊勢谷 まだ拠点ができた段階で、本当にやりたいことの本筋はこれからなんですよね。実際エシカルという言葉とその意味を知っている人というのは、国民の10%ほど。だからこそこまだまだやれることは沢山あって、お店奥のスペースや庭を拡張したりして、ユナイテッドピープル(映画配給会社)が配給している地球全体の課題や問題を取り上げたドキュメンタリームービーなどを流せるようにしてみたり、自家栽培のコーヒーを飲みながら語り合える場所として使ってもらったり、関心を持った人にはすぐにでも洋服や雑貨が手に入るような空間にしていきたいですね。分かりやすく言うとここを井戸端会議のできるお店にしたいんです。そこから僕らのことやエシカルについて知っていってもらうきっかけになればいいなと。

08

Page02. ここは情報交換のハブスポット的な場所