ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

アルファロメオ「ステルビオ」

CAR FEATURES

ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

今年のロサンジェルスはSUVに注目

世界最大の自動車マーケットであるアメリカにおいて、もっとも大きな試乗であるカリフォルニア。それゆえ、同地で開催されるロサンジェルス自動車ショーは、世界中のカーメーカーがこぞって注目のモデルと持ち込む。11月18日から開催されたロサンジェルス自動車ショー2016ではどんなモデルが登場したのか。彼の地を訪れた小川フミオ氏がリポートする。

Text by OGAWA Fumio

各メーカーからSUVの最新モデルが登場

米国一のマーケットとして世界の自動車メーカーがつねに重要視しているカリフォルニア。2016年11月18日からロサンジェルス自動車ショーが開催された。2016年は原油安を背景に大型トラック(ピックアップやSUVの一部を米国人はトラックと呼ぶ)が売り上げを伸ばしたのが同国マーケットの特徴だ。

ショーではさまざまなSUVが多くみられ、各国のメーカーが力を入れているのがよく分かった。「テスラの頭痛の種になるだろう」とUSAトゥデイに好意的に評されたジャガーの「I(アイ)ペース」という電気自動車コンセプトから、自動車好きの心をくすぐるアルファロメオの「ステルビオ」まで多種多様。日本メーカーもトヨタが日本でも12月に発売予定の小型SUVである「C-HR」を、マツダが新型「CX-5」を初公開するなど気合いが入っていた。

Jaguar I Pace|ジャガー Iペース

Jaguar I-PACE

NISSAN Rogue|日産 ローグ

Nissan Rouge

面白かったのは日産自動車で、スターウォーズの新作「ローグ・ワン」とのコラボレーションを大々的に展開。同社のSUV「ローグ(日本名エクストレイル)」との名前の近似性を利用してスターウォーズ関連の展示で多くの観客を惹きつけていた。なかでも帝国軍が乗るTIEスターファイター(実物大?)は圧倒的な迫力。遠くからも来場者を呼び寄せる効果を発揮していた。「ズルい」という他メーカーの声もあったようだけれど。

アルファロメオはやはり今でも米国で高いブランドイメージを確立しているメーカーだ。とくに新型セダン「ジュリア」で(マセラティ「ギブリ」なみの)高価格路線を打ち出したあと、今回は(やはり「レヴァンテ」なみの)高級SUV、ステルビオをワールドプレミアとして発表。大きく注目を浴びていた。ステルビオはどこかで聞いた名前だけれど、もとはイタリアとスイスが国境を接する最高峰のステルビオ峠に由来しており、ドライビングルートとして有名だ。スポーティなイメージを強調するのによいネーミングといえるだろう。

Alfaromeo Stelvio|アルファロメオ ステルビオ

Alfaromeo Stelvio

MINI COUNTRYMAN|MINIカントリーマン

MINI Countryman

「フェラーリの技術とノウハウを活かして開発した」とアルファロメオがプレスリリースで謳う510馬力の2.9リッターV6エンジン搭載によるパワフルさもステルビオのセリングポイントになっている。それにQ4と同じグループに属するマセラティと同じ名称を使う電子制御式センターデフを持った4WDシステムが組み合わされているのだ。もう1つ、280馬力の2リッター4気筒モデルも用意される。

「MINI カントリーマン」も世界初のお目見えとなった。従来型より全長で20cm長くなり居住性が改善されたのが特徴の1つ。もう1つはプラグインハイブリッドモデルの設定だ。「MINI クーパーS Eカントリーマン ALL4」。電気モーターだけで40kmをカバーするという。

日本勢も負けていない。