INTERVIEW|蒼井優×高畑充希が語る『アズミ・ハルコは行方不明』

蒼井優×高畑充希が語る『アズミ・ハルコは行方不明』|INTERVIEW

LOUNGE INTERVIEW

蒼井優×高畑充希 共演作『アズミ・ハルコは行方不明』とは

女性の“第二思春期あるある”が詰まった映画(1)

10代の女子高生たち、20代の木南愛菜(高畑充希)、30代の安曇春子(蒼井優)の3世代の女性の困惑ややるせなさが、2つの事件を軸に、時系列を交差させテンポよく展開されていく新感覚の青春ムービーが誕生。リアルな世代の女性像を、今旬の女優、蒼井優と高畑充希がそれぞれ演じ上げた。自身も役どころに違和感がなかったという春子役、最初から最後まで「わからなかった」まま演じ続けたという愛菜役について、お互いの心境を語ってもらった。『アズミ・ハルコは行方不明』は全国公開中。

Photographs by JamandfixText by ASAKURA Nao

アラサーチームでしっくりとした現場

――女性スタッフや女性プロデューサーなど、女性の意見を取り入れて現場作りをしていたと松居大悟監督がおっしゃっていました。お二人から何か提案したり、監督の演出で印象的だったことはありますか?

蒼井優(以下、蒼井) 私は特になかったと思います。春子のキャラクターについて何かを話し合うみたいなことはしませんでしたね。監督もプロデューサーも私もアラサーで、現場がしっくりくるというか、自分たちの日常のエネルギーと同じ状態だったので、カメラ前とカメラ後ろで温度が変わらないという感じでした。もちろん、アドバイスが欲しいときには相談したり、質問したりはしましたけど。

161110_openers0071

――どんな時に監督にアドバイスを求められたんですか?

蒼井 曽我に振られて追いかけて……っていう長ゼリフのシーンがあるのですが、ああいう何が何でも、みたいな心境に陥ったことが自分の人生になくて。感覚がつかめきれてない気がしたので、監督にどうすればいいか聞いたら「とにかく格好悪くやってくれ」って言われたんです。それでやってみたら「こういうことだったんだ!」と形から入ることで、中が全部埋まった感じはありました。

――高畑さんは悩みながら演じられていたそうですが。

161110_openers0045

高畑充希(以下、高畑) 悩んでましたね。「わかんない、わかんない」って毎日言いながらやって、松居さんに「わからないけどどうしたらいいですか」って聞いたら「俺もわからない」って言われてしまって(笑)。そんな感じで終わっていました。

――役柄が、やはり難しかったのでしょうか。

高畑 難しかったです。意志がないっていうのは何なんだろうって。(愛菜は)一貫性もなくて。「こういう人だね」っていうのに当てはまらない。毎度毎度人に合わせて。わからないのでとにかく、太賀には「ウザい」って思ってもらおうと思っていっぱいウザいことをしました(笑)。

――「失踪」がテーマだと思いますが、お二人がもし本当に失踪することになったら、どんな人生を送りたいですか。

蒼井 まず、バレますよね(笑)。

――バレない前提でお願いします(笑)。

高畑 地元の大阪に福島っていうところがあるのですが、そこで小料理屋をやりたいです。自分のペースで働けたらいいですよね。毎日人が来て、適度な刺激があって、あとはのんびり、というような。

蒼井 それって里帰りじゃん(笑)。私は……昼はコーヒー屋、夜はスナックっていう店をやりたいです。

――お二人ともそういう方向なんですね(笑)。

蒼井 自分の空間があったり、自分で作って自分で完結することってないんですよね、私たちの仕事は。芝居した後、どういう仕上がりになるかは監督のものですし、スタートも自分たち発信ではない。だからそういうのに憧れがちなのかな。

高畑 ママが一番飲むっていう(笑)。

蒼井 そうかも(笑)。

Page02. 実際の共演は、2シーンのみ